しんどいカラダで、アレルギーDrにスリスリしてきました。

 昨日は訪看mountさんにお風呂に入れてもらい、こずえヘルパーさんにお芋のエサを作ってもらいました。こずえヘルパーさんがお帰りになる直前に眠気の糸が切れて爆睡開始(ごあいさつできずにごめんなさい)。一度起き出したけれど、昨日の午後9時頃からとよ猿は行方不明になりました。

 とよダンナがベッドの中を探したところ、隅っこで云々唸っている隠れ猿がいました。出産しているわけではありません。下腹が痛く、全身疲労のため、誰にも顔をあわさないベッドの隅にもぐりこんで、イタイイタイといいつつ隠れておりました。でも発見されたので、ベッドの上の方まで上がって来いとの命令が。

 それでも隅っこで丸まってうなっていたとよ猿。その後、気がついたら、午前3時でした。お陰さま?で、無事、本日18日の夜にゲッケーさんがやってきました。アレルギー薬のアコレート、おやつのように飲みまくっております。

 今日の午前中はお仕事の予定でした。でも、とある方、N氏のお陰でお休みさせていただくことができました。ありがとうございます。午後からはちょいワルDrとのご対面するために、アレルギー内科へ。半そでの診察着に青色の長袖シャツを出し、ほぼ白髪の髪の毛をさっぱり揃えていたDrに(かつ先週はサングラスもしていた)、カラダはしんどいながらも、デュロテップMTパッチとアンペック座薬をいただきに、スリスリしてきました。

 「今日はまた前回よりかっこいいですね〜」と褒め猿が言うと、ご機嫌がよくなられたのか、レスキュー用のアンペック座薬の数が増えていました^^ あるいはゲッケー前痛とゲッケー痛にオピオイドが効かないと伝えたからかな? そこで、「オピオイドって、一体どんな痛みに効くのですか?」とちょいわるDrにお聞きしてみたら「そんなん、オレ使ったことないもん」というお返事。

 まあ、確かにそうですが、私のようにアレルギーのために子宮内膜症になっている者は、アコレートなどのロイコトリエン拮抗薬が月経痛に効くといわれていますよねとご質問したら「ほんま?そんなん知らんわ」とのこと。以前ご持参した資料に、子宮の絵が書いた資料があったと思いますが、そこに書いていますとご説明し、資料を探していただきました。資料は見つかり、ほんまやとおっしゃっておられました。センセー、私、このこと説明するの、5回目を超えていますよー。

 とりあえず無事にオピオイドを手に出来たので、自宅へ帰り、また隠れ猿になりました。夜間に歯医者さんの在宅診療+歯のお掃除をしてもらった以外は、ほとんど隠れ猿でした。

 本当はその後、とよダンナと義兄弟の件でまたぶつかって、泣き猿になってしまったのですが、今日は暗い話はやめて、暗い場所に移ります^^
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。