ワイルド金柑の甘露煮。

 最近、ウチの近くの食品スーパー「電動車椅子教習所」で、ヘルパーさんに金柑を買って来ていただき、甘露煮を作ってもらっていました。昔、いただいた経験を思い出し、風邪、特に喉の痛み対策として、甘露煮にしていただいたものを1日10個程度、1日2〜3回に分けて食べていました。

 そのことをある方にお話しすると、金柑をくださいました。でも、食用として作られたものではなく、庭に成っているものを・・・。なので、一部がまだ緑がかっているものや、子どもを持ったものなど、いろんな金柑が混じっています。

 この金柑を、放っておいても腐るだけなので、今日お越しの妖怪バレーボールヘルパーしずちゃんに、全て甘露煮にしていただきました。タッパーの数が4つだったかな? すごい量になりました。味はやはり食用として作られたものより渋いです(鳥が食べていないんだもんね)。けれど甘さがそれをカバーしてくれているので、完食できそうです。

 明日は、3ヶ月放置プレーの初診病院の診察です。3ヶ月も放置されていると、何を報告しないといけないか分からなくなります。別に報告したって、そうですか、で終わりなんだけれど。毎回資料を持参しているので、それを見て資料を作ろうと思いつつ、今日もそんな元気がないので、朝に作ります。

 いくらマンションと言えども、夜中に何の暖房対策もしていないから寒い寒い。唯一の暖かい場所がベッドです。電気敷き毛布があるからね^^ しばらく心にすきま風が吹きまくりそうだから、もうベッドに入ります。

 それではおやすみなさいです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。