専門医と地域医の役割は違うんだ。再考。

 タイトルのことを、今日、改めて思いました。今日の通院で出かけたアレルギー内科のちょいわるDrと話をしたり、初診病院の靴下はかないDrに電話していただいたりしながら、昨日のことを考え直しました。結論的には、廃用性症候群の可能性はありえないとのことです。

 私は今まで、ちょいわるDrとも靴下はかないDrともリハDrとも同様のお付き合い(という表現がいいのかどうか?ですが)をしてきました。でも、そうじゃないんですよね。地域医には、ある程度の専門性ももちろん必要ですが、それ以上に地域の医療カウンセラー的存在でもあるんですよね。それに加え、リハDrは最期まで生き抜けという思想をお持ちであるから、私と「最期」の定義づけでズレが生じるんだな。

 だからもし私が気切の時期を迎え、自分がそれを受け入れるとしても、気切を含む一連の流れは専門医(専門病院)で、その後のフォローを地域医(町の病院)でお願いすればいいわけで、地域医と気切うんぬん、つまり、ALSの古い価値観 vs 新しい価値観のやり取りをする必要はないんです。改めて、そう思いました。

 話は変わって、私の呼吸苦。数値的に落ちてきてはいるけれど、それ以上の呼吸苦を感じているようです。その原因は、オピオイドです。オピオイドには呼吸抑制の副作用があるため、私もその恩恵?を受けているようです。

 なので、医学的判断は数値に任せ、自分の感じている呼吸困難感の感覚的判断はオピオイドのため、としておきます。普通の鎮痛剤が飲めればこんな問題は発生しないのにな、アスピリン喘息なんとかしてくださいと、ちょいわるDrにぼやいてきました。ちょいわるDr、ALSと何の関係もないのに、間に入っていただいて申し訳なく思っています。

 何か今日は、自分の勝手な思考の結論を述べただけの文章になってしまい、何の面白みも過程も結論もないですね。何でも笑えるようにしたいという気質が、へんな文章を呼んでしまいます。意味不明、脈略なし、雑文散乱で失礼致しました。

 BiPAPの蒸気と風邪の鼻水が鼻腔の中で戦っているので、溺れ死にそうなとよこでした^^