見えない石ころ:その1&2

 これは石ころというより、岩ですね。またカネの無心です、義長兄の。車のローン、車検代、車両保険代が払えなくなったと泣きついてきました。ローン以外に、そういう年に1度まとめているものは、毎月に分けて貯めておいてくださいね、といって、貸し出し表を作って必要経費を貸し付けました。

 ついでに、税務申告の経費が、30年前以上に税務署のおそらく応援税理士さんに教えてもらった、「この仕事の経費は**円くらいです」と言う言葉を長年信じこみ、それで申告しているとのこと。もうそんな時代じゃないよと、領収書を見ながら経費を勘定科目に分ける練習をしてもらっています。一応、青色申告(10万円控除)を記載する予定ですが、本当は現金出納帳もないから記載はできません。いずれにせよ、非課税世帯になるのは分かっているし、10万円「控除」というカネにまつわる言葉で義長兄のモチベーションを上げています(それしかモチベーションが上がらないから)。

 とにかく家賃の安いところに引っ越してとお願いしても、乗り気でない。義次兄は今より条件の悪いところはイヤという。あんたら、自分のこと本当に分かってるの???

 その2は、右肩・腕が石ころに変わってしまったこと。先日、本年度たぶん最後の講習会に出かけたけれど、ホワイトボードに書くことが出来た文字はたった2単語、「ライン」と「アイテム」だけ。それ以上は肩が上がらず、書くことが出来ませんでした。

 電車の乗り継ぎも電車の中で立っていることも限界が来ているので、「自分の身体を守りたければ、講師の仕事はやめたほうが良い」と青鬼セラピストさんからもご指摘を受けました。

 キーボードに触れる時間も減ってきたし、そろそろ大改造かな? とりあえず年度末を越さないと自分のことはできないから、ボチボチ作戦を考えていこうっと。

 とりあえず、今日は2つの石ころのご紹介(?)でした。

(以前いただいたコメントのお返事:遅くなって申し訳ございません。)

*むにゅパパさん(2/18のコメントのお返事):アドバイスありがとうございます。O先生のバイオリズム(?)を見ながらお付き合いをしていこうと思います。先生、お忙しすぎて、テンパっておられることが多々あります^^

タケコさん(2/19のコメントのお返事):私が介助犬導入に踏み切れない理由は、1)この狭いマンションの中で大型犬が飼えるのか? 2)犬を飼ったことのない私が犬を飼えるのか、3)総じて、介助犬がストレスを溜め込んでしまうのではないか、というものです。他にも細かい理由はあるけれど、この3つが大きな理由かな。生き物だから、失敗したじゃ通じないし、その前の住宅審査などでアウトかもしれない。それより先に、大阪府の補助獲得競争で落ちてしまうかもしれない。これに落ちたら、愛知県に訓練しに行くこともできません。。自分の力だけでは開くことができない介助犬との生活に、どうしようもなく悲しくなったりしております。なので介助犬協会からいただいた調査票も未だに書けずです。あと、2/14のコメントのお返事については、私の看護・介護体制やその内容に私の見えていなかった石ころがでてきたので、またお返事させていただきますね。ありがとうございます。

*miyukiちゃん
 さーちゃん合格おめでとう! さすが本番に強いさーちゃん。これからが楽しみですね^^