超「バリアアリー」の大阪市営地下鉄。

 明日、午後から「谷四」と「谷九」に電動車椅子で挑戦してきます。どこにEVがあるのやら? 「谷九」にEVはあるのかどうか?

 ダメなら、雨の地道を走るしかないな。手作りの背中当てに枕をぶら下げているし、握力も腕の力もないので、重い傘(普通の傘)がさせない私。電動車椅子はタクシーに乗せてくれないしなあ。そうそう、バッテリーだけは守らないと。

 府市連合や大阪都とか言う前に(どーせ仲良くなんかなれないんだから)、市営地下鉄のEVなんとかしろー。

 超ローカルな話題で失礼致しました。
 

2 thoughts on “超「バリアアリー」の大阪市営地下鉄。

  1. ゆめ 返信する

    雨の中の走行は大変そうですね。
    傘は自力歩行の私も苦手で、無風状態ならまだしも、風が吹いてきたりすると・・・-_-;

    そういえば私、ずっと大阪住んでるのに、谷町線に乗ったことないかも!?
    今気づきました^^;
    市営地下鉄のEV事情、、、障害者にやさしくないんですね><

    以前とよこさんに教えていただいたように、かかりつけのクリニックの先生からも、総合診療科をすすめられました。
    来月の神経内科の診察で進展なかったら、梅田の病院(やっぱりそこが1番通いやすいし^^;)の総合診療内科に行くことになりそうです。

  2. toyokosan 返信する

    ゆめさん、コメントありがとうございました。

    雨が降ったら、極力、外には出ないようにしているのだけど、ここ数日、雨が続くようなので困っております。さて、どうやって仕事をさぼるか^^

    私もT市で働くまでは、阪急にはほとんど乗ったことがなかったです。地下鉄谷町線は、別名、官公庁職員+その取り巻き?線ともいいます(作り話だけど???) でも徐々に、旧WTC(現:咲洲庁舎)に事務所を移していっていますよ。通勤が大変とおっしゃっておられました。そりゃそうだ。遠いもんねー。

    S会N病院の総合診療科に行かれることになったのですね。今の症状を、紙に書いて持っていかれることをオススメします。総合診療科は患者さんが多いから、1人10分等で次の行き先(あるいは帰りなさい)ということが決められています。

    あと、もし総合診療科で次の行き先を決めてもらえなかったら、とりあえず、頚椎のMRIだけでもおすすめします(刺青が大丈夫であれば)。そして、首にあてる簡単なカラーで、首を固定してみてください。ウチの中に入るときだけでもカラーをすれば、姿勢が治るから、背中等のツッパリや脱力が少しはラクになるかもしれません。

    首の歪みは、万病の素。そういう私は歪みっぱなし〜〜〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。