一人「出没!アドマチック天国」から戻りました。

 先日の土日で、一人「出没!アドマチック天国」をしてきました。日曜日の夜遅く無事に戻ってきましたが、身体がバキバキ、空気をスパスパしていたため、ブログが書けませんでした。ごめんなさい。

 知りたいことを知るために、見たいものを見るために、会いたい人に会うために、可能な限り1人でどこにでも出没したくなる私は、今回もウズウズ感を押さえられず、出かけてまいりました。

 車椅子での乗車はいちいち予約をしていきません。駅員さんもいろいろ工夫してくださいますので、とても助かっています。今回はたまたま理解のない車掌さんと出会ってしまったので車内でひと悶着ありましたが、そこで私はどう対応するのがよいかを学べる社会経験となりました。

 1人車椅子の旅だから、荷物は少なくしていきたい。自分の着替えやコスメ関係よりも、導尿セットや各種の薬を優先的に小さいカバンの中に詰めている私って一体何者やねんと自分で突っ込みつつ、身軽な荷造りをして出かけてきました。

 やはりウズウズ感は大当たりだったようで、出先でいろんなことを学び、感じ取ることが出来ました。私は時折、一人「出没!アドマチック天国」をしていかないと、生きていけない動物のようです。

 今週の土日は、とよダンナと共に二人「出没!アドマチック天国」をしてきます。しかし、最後に観光旅行に出かけたのは、果たして何年前なのだろう。軽く10年は、観光旅行はしていません。

 そろそろ北海道に行きたいね、とよダンナ。いつ行けるのかなあ〜。まずは北海道の旅貯金から始めないとね。しかし、いつ溜まるのかなあ〜^^

 (追記)saeko先生、ご報告をありがとうございました。さすが行動力が早い。ゆっくり読ませていただきますね。
 

2 thoughts on “一人「出没!アドマチック天国」から戻りました。

  1. ぐり太郎 返信する

    是非、北海道へお出かけ下さい。
    大震災と福島原発のおかげで、観光マインドが冷え込んじゃって、北海道の観光産業も火の車ですから。

  2. toyokosan 返信する

    ぐり太郎さま

    北海道が私を呼んでいます(願望強すぎ^^)
    私もとよダンナも道東が好きで、次に出かけるときも道東に行くだろうと思います。

    北海道へ出かけると、毎回、帰りの飛行機の中で涙ボロボロになります。帰りたくなくなります。そこに住んでいる訳じゃないので、本当の自然の厳しさを体験した訳ではありませんが、本土とは自然が全く違うのです。トドワラやオシンコシン、知床五湖など、本土では感じることのない自然からのエネルギーをひしひしと感じるのです。

    やっぱり、出かけたくなってしまいました。いま自分で文字にしてみて、自分に火をつけてしまいました。少しでも歩けるうちに、知床五湖の一湖まででもいいから歩いてみたいです。あ〜ほんとに行きたい、行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。