24時間365日一緒にいる私の「香水」

 私は24時間365日ずっと一緒にいる香水を持っています。それはそれは素敵な香りです。香りが強くなりすぎると、ちょっとひと手間かけて、香りを調整します。この香りに包まれて、これからも私は暮らしていくんだわ。

 ・・・って、この香りの犯人は、PEGの膿の臭いなのです。匂いではなく臭いです。滲出液というレベルではなく、毎日のように膿が出てきてしまいます。そのため、ティッシュでPEGを覆いかぶす(こよりではありません)ようにして膿や滲出液を拭き取り、自分で臭いを感じたら(鼻は敏感な方です)トイレでティッシュを交換します。テクスメテンやゲンタシンとも長い付き合いですが、身体の中の方から膿が出てきているような気がしてなりません。ろう孔全体が、傷ついているのかもしれません。

 この臭いがもっと素敵な匂いなら、人の身体由来の天然香水が出来そうなんだけれどな〜。今のままじゃ、膿の臭いフェチぐらいにしか売れませんねえ。そんなフェチ、いるのかな^^  ちなみに、6月末にPEG交換です。膿が出にくいボタンがあればいいのになあ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。