『たぬき親父』Drに、してやられた。

 本日、アレルギー内科に出かけてきました。持参した資料に、前回の診察で伝えられた入院のことについて、希望する日などを書いておきました。

 でも、またやられました。前回のお話は全てお忘れです。毎回、こうなのよね。。「オレ、入院しろって言ったっけ?」「血ガス、今日採ったるわ」・・・。このブログの前回の記事で書いた話をしてくださった「ちょいわる」Drは、見事に『たぬき親父』Drと化していました。結局、入院はなくなり、血ガス検査は今日していただいてきました。

 血ガス検査のため、久しぶりの動脈血採取。『たぬき親父』Drも久しぶりだったのか、動脈付近をグリグリグリグリ、必死で動脈を探しておられました。これ、強烈に痛いんだってばーーー。私の血ガス検査至上、最悪の痛みとなりました。失神しそうでした。

 結果、PaCO2(動脈血内のCO2の量:これが増えると危険なのです)が標準内に下がっていました。「CO2に異常ないんやから、BiPAPせんでいいよ」とのこと。いやー、あのー、BiPAPで何とか息を吐き出せているから、CO2が下がってるんじゃないのですか??? BiPAPとPaCO2には、因果関係はなかったのですか??? それとも単に、相関関係だったのですか???

 でも実際、病院から帰ってきて、疲れるし、息苦しい。結局、BiPAPをしながら爆睡してしまいました。やっぱりBiPAPがないと苦しいぞ。

 こんな『たぬき親父』Drですが、ここの病院でしか、デュロテップMTパッチ(フェンタニル)やアンペック座薬(モルヒネ)を出してもらえないので、喘息の薬をもらいに行きがてら、Drに私の経過観察をしていただくのではなく、患者がDrのたぬき度を観察するために通院を続けます。はぁ。

 あと1つ、アンペック座薬を使用すると胸痛がするから他のモルヒネに変えて欲しいとお願いしましたが、却下されてしまいました。で、初診病院の神経内科のDrの意見を聞いてきてとのこと。だから、あちらは院内それも術後だけにしかモルヒネを使われないから、神経内科Drはあまりオピオイドのことはご存知ないんですってば。。何度も伝えたのになあ。

 だから今日の資料に、精神科に行って、疼痛に効く抗うつ剤を出してもらいにいこうと考えていると書いたのに。SSRIの仲間であるパキシルには、痛みを止めてくれる効果があります。でも規定量以上は服用できないから、三環系の抗うつ剤で痛み止めの効果もあるものが欲しいと思っているんだけど。。それも初診病院のDrの意見を聞いてきて、とのこと。初診病院のDrには3ヶ月に1回しか診察してもらっていないから、直ぐには聞くことが出来ないんですってば(と何度言っても忘れてしまわれる。たぬき度7点かな、10点満点で)。

 それが見つかったらモルヒネからそちらへチェンジすると伝えたのですが、しばらくモルヒネでがんばり、初診病院のDrの意見を聞いてからにしなされ、とのお返事でした。はい、了解しました。これからも『たぬき親父』Drとは、フェンタニルモルヒネと喘息(と便秘)薬でお付き合いをさせていただきます。またため息が。はぁ。良いDrだし、患者のことを大切に思って下さるんだけれどなあ。患者が多くなりすぎたのか、研究のことで頭が一杯なのか、ご自分の発言を直ぐに忘れてしまわれます。

 本日の教訓:右手で動脈血採取をしないこと。採血後、電動車椅子の運転ができまへん。あと、右肩への痛みにつながります。今日は選択を間違ったなあ。