「血液ゾウ」って何やねん?!(7/20追記)

 今日は台風上陸の前だったためか、いつもより比較的、リハ病院の診察が空いていました(それでも尋常じゃない混み方ですが)。久しぶりに、小ジョッキが似合う白いワンピースの幽霊、いや、とある美女と偶然お会いしました。誰とは申しません^^

 昨日が祝日だったため、かつたまたま今日はリハに空きがあったので、予約を入れてもらっていました。リハが終わり、リハDrが往診に行かれるまでに受診できるチャンスがあったので、胸痛と動悸と低血圧のことを相談してみました。

 まず、上が80の低血圧は異常ではない範囲とのこと。そして、私ぐらいの低血圧と動悸は関係がないだろうとのこと。かつ、胸痛は狭心症の可能性があるので、治療的診断(診断的治療だったっけ?)のために、ニトロ(舌下剤)を処方してもらってきました。オピオイドとの関連はみられないとの見解でした(胸痛はモルヒネを入れている・いないに関わらず夜間〜朝方に起こるので)。

 動悸については、明日、ホルター心電図(24h)をつけてもらいに行きます。ただ看護師さん曰く、台風で警報がでたら、明日はクリニックをお休みにするとのこと。リハDrの診察日以外は閑古鳥が鳴いているクリニックだからなあと思いつつ、ここは学校か〜とも思ったりしています。また他に、来週に心エコーを受けることになりました。

 リハDrに症状をお話して不整脈ではない可能性が高いと分かったので、上記のホルター心電図と心エコー以外に、甲状腺と貧血の可能性を調べてもらうことになりました。そこで血液を採取する際に、肝臓の値も調べてくださいとお願いしました。

 私がアルコール好きだからではありません(飲んだら喘息発作が出ます。匂いもアウトです)。産婦人科でピルを処方してもらって飲んでいますが(子宮内膜症PMSの治療のため)、年に1度は肝臓の値を確認する必要があります。でも私は、通院している病院が多いけれど、血液検査をしてくださる病院は全然ないので、いつも産婦人科のDrに不思議がられています。なので、肝臓の値も調べてもらうことにしました。

 そして看護師さんに、貧血かどうかは「血液ゾウ」で分かるからと言われ、「ゾウ」の漢字が浮かばず、「え、ゾウって“増”ですか?」と聞いてしまいました。その後、血液検査のために採血しているのに、それで血液が増えるかー(逆に採血分が減少するのに)と気づき、看護師さんと大笑い。でも看護師さんも、ゾウさんのゾウとおっしゃるので、「え?“象”」と今度は思ってしまったその瞬間に、「ニンベンつけてね」とのツッコミが。結局、正解は「血液像」でした。そんな言葉、普段使わないもんと言い訳しておきます。

 今日、胸痛が出たら、ニトロを試してみます。胸痛が出ると、肩や首や歯までが痛くなります。ニトロが効いたら、私は狭心症持ちと決定するのね。一体、いくつ病気を持てば気が済むのやら。おまけに今日は、ウチの中でメニエールのめまいでコケるし。。ケガがなくて良かった良かったと、自分で自分を慰めながら、今日はこれでおしまい。

<7/20夜中の追記>
 午前2時頃に起こった胸痛にニトロを使ってみると、効いてしまいました(–) 歯痛もなくなり、どうやら狭心症決定のようです。ただ、今の時間(午前4時)になって、また胸痛が始まりました。背中まで痛みが広がっています。再度、ニトロを使うべきかどうか悩んでいます。
 けれど、右肩と胸の周りの肋間筋がとても痛く、モルヒネを入れることにしたので、ニトロは使わずに様子を見ることにします。しかし、今日は全然寝付けないぞ。
 あ〜、効いてしまったかあー。効いてる時は、めまいがすごかったです。ついでに、動悸も強くなっていました。はぁ。今まで循環器に何の問題もなかったのになあ。何でかなあ。「セルフ高齢化社会」を迎えたのかなあ。要は、“ばばあ”になったということだろうな。