昨日の薬の続き+おまけ。

 今朝、「セルシン」を服用してみました。午前10時頃に服用しましたが、正午頃には身体がふにゃふにゃでした。ケータイメールを打ちたいのに、ベッドで寝転びながらケータイを持っても、すぐに手がケータイから離れてしまいます。こんな状態が午後5時頃まで続きました。これはちょっと、続けるのが無理かなあと思いつつ、夜にもう一度試してみようと考えました。

 夜は昨日試した「シグマート」と「セルシン」の両方を、他の薬と一緒に服用しました。あれ?、昨日見られた「シグマート」による”すこーん”と血液が流れていく感覚がありません。セルシンのふにゃふにゃ感もありません。でも、いつも通り、食後は息切れがするので、ベッドに横になっていました。

 けれど、横になっている時間が、いつもより長くなってしまいました。何となく、起きにくいのです。感覚としてはなくなっているけれど、やはり薬が効いているのかもしれません。ただ逆に、感覚がないと、薬が効いている感じがせず、この薬を続けていていいのかなあという気にもなっています。

 経過を見ながらまたリハDrに相談して、やはりCTやカテーテル検査が必要であれば、循環器科のある病院を紹介してもらい、喘息があるけれど造影剤入りの検査をしてもらえるかどうか、相談することにします。

(おまけ)
 先日、ごく小さなコミュニティ^^で話題になっていた「南国しろくま」を食べてみたく、買ってきて〜ととよダンナにお願いしたら、5本入りのスティックアイス「しろくま」を買ってきてくれました。違う違う、カップに入ったアイスで、400円くらいするやつだよと話したら、今度は本物?の「南国しろくま」を買ってきてくれました。コンビニのアイスコーナーの冷凍ショーケースではなく、冷凍のリーチ・イン・クーラーの方にあったそうな。

 先程、とよダンナと「南国しろくま」を食べてみました。おいしいんだけれど、あずきが邪魔をしてくれます。でも氷の部分はおいしく、3分の1位食べたかな? 桃とチェリーも食べました。

 けれど私には、フツーの練乳アイス(氷)の方が合ってるかな。喉やクチを冷やす程度に食べるだけだしね。しかし、こんな時間にアイス(氷)食べてたら、体脂肪率あがるわなあ。減らしたい割に努力が足りん、とよ猿です。
 

2 thoughts on “昨日の薬の続き+おまけ。

  1. 希望 返信する

    検査を受けて、胸痛や動悸の原因がわかって、症状がよくなればいいですね、身体の不自由さに加えていろいろな体調不良が重なって、とよこさんの今の状態はとても心配です。検査のことについては教えてくださいね。
    僕も「南国しろくま」食べたかったのですが、あずき入っているとだめなんです。あずきのように小さいものを噛もうとすると、舌や頬の内側を噛んでしまって血だらけになってしまいます。(グスン)普通の練乳アイス(氷)が食べやすいんです。アイス系を1日に4〜5カップ食べて、入院中に4〜5kg減った体重の回復に努めています。
    暑い日が続きますのでお大事にしてくださいね♪♪

  2. toyokosan 返信する

    希望さん、ありがとうございます。

    大きな声でクッソーと叫びたいほど、体力が落ちました。ただでさえ、ALSのお陰で体力を奪われるのに、なんだかんだと“ひも付き病気”?のお陰で、毎日、体調が芳しくありません。今週末に講習会の仕事があるのですが、準備は脳内だけでしか進んでいません。

    希望さん、体重が減少されたとのこと。体重が回復することを願っています。もうPEGは使っておられるのですか? 経管栄養剤はカロリーが高いから、量を調整して体重維持に努めてくださいね。私は体重も体脂肪も増えてしまって困っておりますが^^

    南国しろくまアイスの小豆が、もう少し柔らかければいいのになと思いました。舌で潰せる程度の柔らかさだったら、食べやすいのかもしれません。あの小豆は小粒で硬めだから、余計に食べにくいんですよね。

    練乳アイス、暑気払いにもちょうどいいかもしれません。お互い、これからも仕事をしていくために、バテないよう気をつけましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。