「アドレナリン大放出」、その後の身体の大逆襲。

 金曜日に出かけた事業所さん(小売業)のところで、普段から青鬼セラピストさんに「自覚のない患者」と呼ばれている私は、仕事、特に現場に出かけると「アドレナリン大放出」になってしまい、“何か脚が絡むなあ”、“なんか手に力が入らんなあ”と、ALSであることをすっかり忘れて、レイアウト(ディスプレイ)変更を2時間かけて行いました。途中、何度か座り込みましたけれど。先日のブログでも書いたとおり、帰宅後はベッドの上で「訳の分からぬ物体」となっておりました。

 「訳の分からぬ物体」の時は、体力を使いすぎた疲れが原因でした。けれど土曜日、そして特に昨日の日曜日に筋肉痛が襲ってきました。昔みたいに、ふくらはぎが筋肉痛だとか、腕が筋肉痛だとかじゃなくて、身体全身が筋肉痛です。日曜日は事務仕事をしたかったのに、ベッドから全く起き上がれません。入浴後も疲れてしまい、ベッドに横になったまま今日の朝(まで眠り続けておりました。

 今日もリハへ出かけ、エンゼルセラピストさんにエンゼルリハをしていただきました。どこを触ってもらっても、いつもの痛みに加え、筋肉痛の痛みが響きます。あーしんど。

 金曜日の消印で提出したコンペの資料が、本日、某行政機関に届いていると思います。何の連絡もなかったので、一応は受理してくださったのでしょう。とはいえ、異色(自分ではマトモと思っているけれど)の組織なので、某行政機関内での事前審査で落ちる可能性が大でしょう。つまり、プレゼンに進めない可能性が高いと思われます。

 でも、万が一、プレゼンに進めたら、採択には至らなくても、動態的・有機的なネットワーク組織の必要性を、言いたいがままに伝えてこようと思っております。

 話は変わって、本日、調子の悪かったエアマットを交換してもらいました。今度はエラーが出なければいいのですが。寝ている間に空気が抜けて、ベッドのフレームに身体が当たり、痛くて目が覚めてしまっていましたので・・・。何のためにウレタンマットからエアマットに変えたのか分からんがな〜。

(おまけ)
 訪看river婦長さま、先週木曜日は夜も熱が下がらずでした。金曜日に土砂降りの雨をかぶったお陰か、風邪を引いてしまいました。熱は平熱に下がりましたが、鼻水と咳と喉が痛い状態です。といっても飲める薬はありませんので、胃ろうをして体力回復に努めております。今より酷くなったらプレドニンでも飲んでおきます。ひょっとしてエアマットが寒く感じるから、風邪を引いたのかも。早いめに、電気敷毛布を出しておきます。