(ありえたけれど)ありえない、体脂肪率32.1%。

 ヘンな時間ですが、一応、土曜日のブログです。今週は通院ウイークでとても疲れております。おまけに前回のブログで「ゲッケー、やめます」と書いた途端、身体が国際的ないしは貧困デモを起こしたのか、結構な量の不正出血に見舞われ、それもあってダウンしておりました。水曜日は産婦人科、木曜日はリハ+胃ろう交換(バルーンはいつも通り真っ黒:若いほど真っ黒になるそうです)、金曜日は神経内科Dr(初診病院Dr)の3ヶ月毎の診察と、通院が続き疲れております。来週も月・火曜日と通院です。リハビリはいいのですが、通院(受診)はほんと疲れます。待ち時間、長いし。

 さて、金曜日の初診病院Drの診察結果ですが、相変わらず「良く分からない、(典型的な)ALSと断定できない患者」だそうです。特定疾患の条件は満たしているので、制度上はALSですが、やはり「非典型的」患者です。進行の仕方がヘンだからです。典型的なALSなら、もう寝込んで療養していてもおかしくないもんね。でも、初診病院のDrは「(私のように)良く分からないタイプの患者さんの方が圧倒的に多い」と仰っておられたので、結構、変態病は日本各地にいらっしゃると言うことになるでしょう。いやいや、私が人間的に変態であるため、私の場合だけ、進行性変態病となるのかもしれません^^ ちなみに、変態と言われてとてもうれしくなる私は、やはり相当な変態なのでしょう。この国では変態の方がマトモと思うと、子供の頃から思ってきましたから。

 で、初診病院Drには、(これといって治療もないから)太ってきて仕方がないというご相談をしました。そこで、骨密度を測る機械で、骨密度+軟部組織の体脂肪率(皮膚+脂肪)を測っていただきました。その結果、骨密度は年齢標準の96%でしたが、何と体脂肪率は32.1%!!! BMIは17〜18なのに、体脂肪率は30%を超えている!!! 恐ろしくヘンな身体です。

 その実態を探るべく、筋肉CTを撮っていただきました。2年前と比べ、太ももの筋肉が随分減り、カスカスになっている部分も増えていました。ふくらはぎの筋肉も減っていました。「これが(私の)ADLを低下させている原因だね」と初診病院のDrが仰っておられました。腕の筋肉もやや減っていました。でもそれ以上に、お腹周りが明らかに2周りは大きくなっているのを、CT映像から目の当たりにしました。「筋肉が脂肪に変わったことも体脂肪率を上げている原因だけれど、それ以上に『圧倒的に』お腹が太ったということが体脂肪率が上がった原因だね」と初診病院のDrに告げられました。久しぶりにアタマではなくココロでこの実態を受け止めてしまい、ただいま、一人ウツ病状態です^^ リハビリやめて、カウンセリング行こうかな〜(行かないよ)。

 整骨院の院長にこの話をしたところ、「姿勢が保てなくなってきているから、それを脂肪で補おうとしているからそうなるんですよ」とのことでした。その証拠に、お腹がかなりふっくらしていたとよダンナが、膝の痛みや腰の歪みを治していただいているうちに、お腹がペッタンコになってきました。最初はガンにでもなったのか?!と心配していたのですが、「姿勢が良くなってきたからですよ」という院長のお言葉に納得しました。

 アレルギー内科のDrは、歩きにくくてもとにかく歩け、と仰っておられます。脚に筋肉があまりないから、歩いたとしても筋肉ではなく、骨で歩くということになるので、骨折と隣り合わせです。でも、歩く練習をしないと、姿勢は良くならない。なので、体脂肪率は減らない。今日のリハで、赤鬼セラピストさん(♀)に、平行棒を使って歩く練習をしたいと伝えたら、テナガザルみたいになるよ、とのことでした。やはり私はサルなのね、じゃなくて、(西洋医療の)リハビリでは、筋肉量の落ちているALS患者に歩く練習をさせるというのは考えられないのでしょう。

 私は夕食後、疲れがドッと出てきて眠くてたまらなくなり、ベッドに直行してしまいます。その間に、メニエール病の水薬と、お酢(ATP回路:クエン酸回路をたくさん回して、エネルギーを出そうと思ってのことです。あと、ちょっぴりダイエット目的:全く効果はありませんが)を胃ろうから入れていますが、そのまま爆睡状態に入ってしまい、夜中まで眠ってしまいます。だから余計に太ってしまうのですよね。

 メニエール病の発作が、最近、頻発しています。それも夜中に。夜中にめまいが酷くなって、耳鳴りも始まり、眼が覚めてしまいます。何でかな?と考えていた時に、福祉用具の営業担当者の方とお話していて、揺れなどに敏感な方がエアマットを使うと、三半規管に影響がでますというお言葉をお聞きしました。

 だからだ。最近、エアマットに変えたのですが(ウレタンマットだと身体の痛みに耐えられなくなってきたので)、その時期とメニエールの発作が酷くなった時期がほぼ同じです。

 今、お願いしている福祉用具の業者さんでは取り扱っておられないのですが、エアマットの上に、薄いウレタンマットを敷いたマットがあるそうなので、そちらを他の業者さんにお願いして使ってみようと思います。これで、身体の痛みが減り、かつ、メニエールの発作が減ることを願って・・・。

 あ〜メンドーな身体。とにかく、体脂肪10ポイント減を目指して、ウチの近くの散歩から始めてみようかな。転倒防止に、杖を持ち歩きながらね(使用は極力せずに)。

(おまけ)せっかく、まだマトモと思える池田市の倉田市長が知事選出馬宣言をしたのに、今頃になってまた某丸山が立候補を表明。恥ずかしすぎるよ、大阪の「選挙戦争」。ますます大阪に住んでいるのがイヤになります。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。