モルヒネが使えなくなってしまいました。

 前回、“・・・続きはまた”と書きながら、続きはありませんでした。申し訳ございません。ここ数日、どうも体調が良くなく、特にアンペック座薬(モルヒネ)を挿した後に、強心薬を飲んでも気管支拡張剤を吸入しても止まらない息苦しさがやってきて、首の左側の痛みが止まらず、30分に1回はトイレに行きたくなり(その度に自己導尿)、痰も硬いものから泡状のものに代わってきました。

 それを、今日のアレルギー内科の診察で伝えたところ、「心不全による肺水腫」と伝えられました。「このままやったら、布団で冷たくなってるで」とDrが仰った時に、大ボケの私は「寒いからですか?」と聞き返し、速攻「死んどるんや」と仰られました。「死ねるんですか? 早く死にたいからその方がいいです」と伝えると、アンペック座薬はもう処方しないと言われてしまいました。

 身体が痛くて堪らないのに、アスピリン喘息のため普通の痛み止めが飲めないのに、モルヒネまで取り上げですか。。モルヒネと同じく、強オピオイドというグループに入るフェンタニル(私はデュロテップMTパッチというシールを使っています)では、このようなことが(今のところ)起こっていないのに。「モルヒネがダメなら、今は半分だけ貼っているデュロテップを1枚にしていいですか?」とお聞きしましたが、ダメ出しをいただきました。

 元々、初診病院では外来でオピオイドを出してくれない、リハ病院(クリニック)ではクリニックレベルでオピオイドを出し続けることは保険機構から注意が来るから出せないということで、「オレかよー」といいつつ、私へのオピオイド処方をイヤイヤながらも引き受けてくださったのが、今日受診したアレルギー内科のDrでした。だから迷惑をかけてはいけないのは分かっているのですが、なんせ、ALSを見てもらっている本家本元がオピオイドを出してくれないのですから、どうしようもありません(こんなところでも、「国」は国民を痛めつけているのです)。

 痛みによる苦しみは、何とかして軽くしたい。でも私に残されたのは、フェンタニルと精神薬関係のみとなってしまいました。これでどうやって、痛みに耐えながら生きていくのか。“国民的安定剤”とも一部では呼ばれているデパスなんて、私にはもうラムネみたいなもんでしかないのに。。

 とりあえず、不随意運動の抑制や痙性によるツッパリなどに何とか効いてくれているセルシン(またはホリゾン)と、デュロテップMTパッチとでやりくりするしかないな。後は、またまた頼み込んで週3回にしてもらった整骨院通い(1回30分)で、少しはラクになればいいんだけれど。。

 痛みの辛さを分かってくれるドクターに出会いたい・・・。 
 

12 thoughts on “モルヒネが使えなくなってしまいました。

  1. 希望 返信する

    アンペック座薬を入手する方法はないのですか?アンペック座薬がもらえないとは大変なことになりましたね。使える薬でなんとかやりくりするしかないですね。
    上手に使って痛みが抑えらることをお祈りします。

  2. toyokosan 返信する

    希望さん、ありがとうございます。移植の効果は出始めてきていますか?

    アンペック座薬の在庫はいくつかあるので、当面は使い続けようと思えば使えます。けれど、肺水腫の発作は苦しすぎるので(狭心症の発作より辛い)、もうアンペックは使えないなと思っています。

    使えない薬がどんどん増えてきています。薬アレルギーの負の連鎖でしょうか。食べ物の不耐性アレルギーだけでも辛いのに、薬もダメなのかと思うと、最近はすっかり食欲も落ちています。

    とはいっても、自分の痛みは自分で解決するしかないので、今現在、使える薬を上手く組み合わせていこうと思います。ありがとうございました。

  3. tanida 返信する

    世の中なんだかなと思うことが歳をとるにつれ多くなります。私みたいにぐうたらでいい加減な人間が元気(かなり頭は危ないですが)で、こんなに頑張り屋の方が苦しむのは、やるせないです。いつも口だけですが、いま食べたいものとかありますか。少しでも楽しみが実現できたらいいなとおもっています。

  4. s・yumiko 返信する

    何もできませんが少しでも痛みが緩和されることを祈っています。

  5. 希望 返信する

    移植の効果はまだ出ていません、移植したドクターによれば効果が出るには2か月くらいかかるそうです。
    とよこさんの体調がとても心配です。いつもとよこさんを応援していますからね。

  6. toyokosan 返信する

    tanidaさん、ありがとうございます。fbへのウォールもありがとうございました。お返事できていなくて申し訳ございません。

    tanidaさんのお仕事、今は大きな環境変化にぶち当たってしまいましたね。農業にとっては、今年は原爆とTPPのダブルパンチ、それも直ぐには解決ができない環境変化ですよね。tanidaさんを始めとする、真面目にコツコツ働いている人々が幸せになれる国になってほしいものです。
    私はそんなに頑張り屋じゃないですよ。tanidaさんのように、もっともっと大変な環境に晒されている人々を拝見していると、まだまだ努力が足らんな〜って思っています。

    最近、食欲がなくて栄養剤に頼る日々が続いています。でも、お鍋が食べたいな〜と思い始めました。時折、お弁当屋さんの「すき焼き弁当うどん入り」を食べています。今年は白菜が高いから、お弁当にも白菜が余り入っていないのが残念です。
    この時期は、白菜が食べたいですね。白菜はお鍋以外にいろんなものにアレンジできますから。お漬物は苦手ですけれど^^

    毎日、大変かと思いますが、どうぞ頑張る農家の皆様のために応援をよろしくお願いいたします。

  7. toyokosan 返信する

    s.yumiko先生、コメントをありがとうございました。寒暖の差が激しくなって参りましたが、お元気でお過ごしでしょうか。

    yumiko先生、毎日お仕事でバタバタされておられることかと思います。仕事が楽しいと、身体からのサインがなかなか見えにくくなってしまいがちですので、時折、身体からの声を聞いて、身体を労わってあげてくださいね。

    私の方はなかなか強敵な痛みですが、緩和できるように工夫していきます。またyumiko先生方とご一緒に仕事が出来ることを願いつつ^^

  8. toyokosan 返信する

    希望さん、ありがとうございます。

    移植の効果は2ヵ月後くらいから見え始めるのですね。そうですよね、今は身体の中で移植された細胞が増えていこうとしている時期ですよね。

    応援ありがとうございます。お互い辛いことが増えてきていますが、楽しみを増やしていきましょう〜。

  9. タケコ 返信する

    toyokosan

    自分のことだけで精一杯で、toyokosanがこんな大変な事態になっていたとは知らずごめんなさい<m(__)m>

    痛みは他人からは見えないし、検査してもわからないから厄介ですよね…。

    わたしはたまたまリンデロンが身体に合ったので、随分救われています。
    (それを処方してくださるH先生の存在も大きいですが)

    やはり身体も心も痛みをわかってくださる医師を探した方が良さそうですね…。

    近くにペインクリニックはありませんか?

    あまり小さいところだと麻薬系は出して貰えないかもしれませんが、一度相談してみると良いかもしれません。

    わたしは昨日三日間連続の脳波の検査がようやく終わりました。

    癲癇発作後に白い壁に黄色い網目模様の様なものが見えるようになってしまい、今もパソコンの画面を見るのにダブって見えてしまっているので脳の視神経自体がおかしくなっているのかもしれません。

    なので、ちょっとブログもサボり気味です。

    一日も早く痛みを理解してくださる先生と出会えることを祈っています。

  10. toyokosan 返信する

    タケコさん、ありがとうございます。

    タケコさんの痛みに、リンデロンが効いてよかったです。ステロイドですので飲みすぎは危険ですが、ドクターが管理してくださっているのなら大丈夫でしょう。

    ペインクリニックでは、オピオイドはほとんど出してもらえません。日本ではガンでないと、原則オピオイドは使えませんから。。通常の痛み止めや鎮痛補助剤、神経ブロックなどがペインクリニックの主な手法です。精神科でも、紹介状がないと痛みの相談にはのれないと言われました。私のように、疾患があって痛みを起こしている、その痛みを止めるために副作用が出ているとなると、精神科ドクターもあまり相談にはのりたくなさそうでした。

    副作用が出ないオピオイドを探すために、一番大きな副作用となっている循環器系のドクターや、ALSを診ておられる呼吸器内科のドクターとお会いしてこようと思っています。いずれも親方ALS病院です^^

    脳波の検査、お疲れさまでした。視神経に影響がないことを願っています。PCは眼に良くないので、ブログもあまり無理せず、身体を労わってあげてくださいね。

  11. いいにく 返信する

    初めてメールします。今日初めてブログを読みました。私は訪問ヘルパーをしています。
    訪問している利用者様と重なる部分が多く感じました。 息苦しさが常にあり、脈を気にしていて・・薬もいろいろあり、主治医は苦しさをわからないと・・ヘルパーは排痰をし続けています。利用者様のエネルギー消耗も寝不足も、ヘルパーさんの心労も心配です。
     吸引もカフもパーカッションもネブライザーもしています。 
    愚痴っぽくなってすみません。

  12. toyokosan 返信する

    いいにくさん、始めまして。コメントありがとうございました。

    コメントを拝見して、いいにくさんのような方が私のヘルパーになってくださればうれしいな〜と思いました。
    「測れないもの」、その代表例が痛みや苦しさですが、ドクターという方々はそれらを大したこととは見てくださいません。「ALSで痛さが出るわけない」「痛いのはみんな多少あるから我慢して」「気にしすぎだよ」・・・いままで数々のことを言われてきました。でも、私の身体が絞り上げられるような痛みは、事実、存在するのです。どうすれば分かってもらえるのか、そのために、いろんなドクターに会いに行っています。そしていつも、落胆して帰るのです。

    いいにくさんがヘルプされておられる患者さんも、とても苦しいことでしょう。息苦しさは気持ちを不安にしますし、頭の中に「死」がよぎります。エネルギーの消耗も、寝不足も同じです。呼吸の苦しさは副交感神経が活発になる夜に起こりやすいですから、他の家族に迷惑をかけないかなど気にかかって仕方ありません。

    全然グチではありませんよ。コメントいただけて、それも、患者の苦しみを共に理解しようとしてくださるヘルパーさんからいただけて、とてもうれしかったです。またぜひ愚痴りに来てください。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。