モルヒネが使えなくなってしまいました。

 前回、“・・・続きはまた”と書きながら、続きはありませんでした。申し訳ございません。ここ数日、どうも体調が良くなく、特にアンペック座薬(モルヒネ)を挿した後に、強心薬を飲んでも気管支拡張剤を吸入しても止まらない息苦しさがやってきて、首の左側の痛みが止まらず、30分に1回はトイレに行きたくなり(その度に自己導尿)、痰も硬いものから泡状のものに代わってきました。

 それを、今日のアレルギー内科の診察で伝えたところ、「心不全による肺水腫」と伝えられました。「このままやったら、布団で冷たくなってるで」とDrが仰った時に、大ボケの私は「寒いからですか?」と聞き返し、速攻「死んどるんや」と仰られました。「死ねるんですか? 早く死にたいからその方がいいです」と伝えると、アンペック座薬はもう処方しないと言われてしまいました。

 身体が痛くて堪らないのに、アスピリン喘息のため普通の痛み止めが飲めないのに、モルヒネまで取り上げですか。。モルヒネと同じく、強オピオイドというグループに入るフェンタニル(私はデュロテップMTパッチというシールを使っています)では、このようなことが(今のところ)起こっていないのに。「モルヒネがダメなら、今は半分だけ貼っているデュロテップを1枚にしていいですか?」とお聞きしましたが、ダメ出しをいただきました。

 元々、初診病院では外来でオピオイドを出してくれない、リハ病院(クリニック)ではクリニックレベルでオピオイドを出し続けることは保険機構から注意が来るから出せないということで、「オレかよー」といいつつ、私へのオピオイド処方をイヤイヤながらも引き受けてくださったのが、今日受診したアレルギー内科のDrでした。だから迷惑をかけてはいけないのは分かっているのですが、なんせ、ALSを見てもらっている本家本元がオピオイドを出してくれないのですから、どうしようもありません(こんなところでも、「国」は国民を痛めつけているのです)。

 痛みによる苦しみは、何とかして軽くしたい。でも私に残されたのは、フェンタニルと精神薬関係のみとなってしまいました。これでどうやって、痛みに耐えながら生きていくのか。“国民的安定剤”とも一部では呼ばれているデパスなんて、私にはもうラムネみたいなもんでしかないのに。。

 とりあえず、不随意運動の抑制や痙性によるツッパリなどに何とか効いてくれているセルシン(またはホリゾン)と、デュロテップMTパッチとでやりくりするしかないな。後は、またまた頼み込んで週3回にしてもらった整骨院通い(1回30分)で、少しはラクになればいいんだけれど。。

 痛みの辛さを分かってくれるドクターに出会いたい・・・。