新しい(というかメンテ済みの)電動車椅子がやってきました。

 昨日は整骨院、今日は青鬼さんのリハを受けてきました。どちらでも腰周りが異常に硬く、いくらほぐしてもらっても、他の部分をほぐしてもらうにつれ、また腰が硬くなっていきます。昨日・今日の私の身体は、相当、お疲れさんだったようです。そりゃ、重たい電動車椅子を押したり、仕事にいけなかった悔しさなどが溜まっていますものね。

 青鬼リハさんに、「私からメールが来ないようにするために、リハDrに私とメールで治療方針を相談してると言ったのでしょ?」とお聞きしました。否定も肯定もなく、うすら笑いをしておられました。また権威主義ですか。権威を使って、患者の心をズタズタにして、それで満足されているのですね。本当に情けないです。私は貴方に対して言いたいことをまだ半分も言えていませんので、今後もこのブログで書いていきます。私には権威も地位も自己満足も何もありません。つまり捨てるものがありません。なので、ブログでオープンにし、オーディエンスの皆様にご判断いただければと思います。

 ちなみに、そのうち、貴方の本名をお書きするかもしれません。私は既にfbで本名を出してこのブログを公開しています。名誉毀損と言われようが構いません。私が貴方から受け続けてきた行為の方が、遥かに名誉毀損ですから。

 さて本日、福祉レンタルのA社さんが、メンテナンス済みの電動車椅子を持ってきてくださいました。現担当者は、最初の内緒の引継ぎと、正式な引継ぎ以来、ウチにはお越しになっておられません。別に会いたくないので構いませんが、契約の確認の時だけお電話いただく関係になっております。レンタル会社じゃなければ、とっくに縁を切っていることでしょう。

 今日お越し下さったメンテナンス担当の方は初めてお会いしましたが、前担当者以来、初めて「メモを取る」という方でした。とてもうれしく感じました。本来なら当たり前のことなのですが、それほどA社さんには、そういうことをなさる方が少ないということなのでしょう。

 また、背中がロホマットレスの金具で赤くなり、皮が捲れてきて褥瘡のようになってきているとお伝えしたところ、結局は、前回、ロホマットレスを納品してくださったベッドのおじちゃんが、体幹部分に2枚並んでいるマットレスをつなぐ金具を全て止め忘れていたことが原因でした。おいちゃん、頼むで。しっかりしてや〜。

 昨晩、現在の担当者に以下のようなメールを出しました。お休みのため、月曜日までお読みになることはないと思いますが、念のためお送りしておきました。でも恐らく通じないでしょう。ケアマネのAriさんも仰っているように、業者を替えるしかなさそうです。でも、残っている候補で浮かぶのはK社ぐらい。こちらも青鬼さん曰く、担当者が替わり、あまり良い人ではないとのことでした。そんなんばっかりか、この業界は・・・

 担当者さま

 いつもお世話になっております。

 本日、電動車椅子を交換しに来てくださる方にお伝えする予定ですが、現状は、全く動かないという状態ではなく、突然動かなくなるという状態です。先日、自宅から**駅に向かって走っていたところ、カラカラとここのところ良く鳴っていた音がまた鳴り出し、そしてカクンと止まってしまいました。仕方がないので、上り坂を骨でしか歩けない足を使って押していました。

 でもしばらくすると、また動くようになります。なので、私には見えないところの接触不良なのかもしれません。そのような状態ですので、御社で点検していただいても異常があるかないか良く分からないという結果になるかもしれません。ただ、時折、突然動かなくなるというのは事実です。自宅から**駅までは、3回止まりました。

 現担当者さんが担当者変更としてウチにきてくださった時に、私は電動車椅子が途中で止まったりしたらどうなりますか?とご質問させていただきました。そのお返事は、チームで動いておりますし、在庫も常にありますから、会社に電話していただいたら、至急、交換に参りますとのことでした。しかし、実際にこのようなことが起こっても、在庫がなく、私は途方にくれながら、痛い脚と腕を引きずって、家まで帰るしかありませんでした。水曜日から金曜日までの仕事を、すべてキャンセルにしました。また途中で止まってしまうのが怖いからです。情けなかったです。

 私の電動車椅子の使用は、かなり長い距離を走ることが多々あります。近所だけといったような使い方では有りません。現在までに、東は東京・埼玉まで、そして愛知、関西は大阪は当然のこと、滋賀、兵庫、和歌山、奈良、そして西は岡山や佐賀まで、この電動車椅子で走っております。バッテリー不足になりそうなときは、充電器を持ち歩いています。マクドのPCコーナーにあるコンセントで、充電したこともあります。

 担当者交代時にもお話させていただきましたが、最終顧客のことを見て、サービス提供をお願いできませんでしょうか。もし私が、東京にいるときに電動車椅子が止まってしまったら、どうなるのでしょうか。担当する顧客が増え、更にお忙しくなったから私の1意見など聞いていられないのかもしれませんが、他のお客様も、同様にご不満をお持ちかもしれません。それらが集まると、もっと大変なことになると私は(仕事柄)考えております。

 私のようなユーザーのためにも、定期的に、全交していただける方が助かります。そのような仕組みを会社で作ってくださることが出来ないのなら、他の業者さんを探すしかありません。2社目でA社さんに出会え、いままで満足してきたのですが、私の足を奪われる自体が発生すると、もうこれからは骨で歩くことも出来なくなるでしょうから、自分ではどうしようもできなくなります。どうしても「室内点検」程度のメンテナンスしか不可能であれば、そのように仰ってください。新しい業者さんを探し始めますので。

 明日、お越しくださる方に、ロホの金具調整もお願いする予定です。背中の一部が褥瘡ではありませんが、金具により赤くなり、皮が剥け始めています。

 それではまたどうぞよろしくお願い申し上げます。

 まあ、いくら言っても分からない担当者ですので、K社の頼りない担当者に会ってみるか、その前にA社の管理者にサービス提供について問い合わせするかしかありませんね。

 青鬼さん対決、電動車椅子対決は当分終わりそうにありません。まあ、青鬼さんは3月でお辞めになるので、もうお顔を見ることもないでしょうけれど。どうぞ、権威と地位と自己満足の世界で、ご家族共々、楽しく生きていってください。

 私はそんなものを持っていないし、もう捨てるものがないので、自分の感受性を信じながら好きなように生きていきます。それが本当の人間らしい生き方だと思っておりますので。いくら病気・障害を持っても、ごく普通の人間性まで捨てたくはありません。とはいえ、この国では、ごく普通の人間性を持っている方が、そうでない方より圧倒的に少ないですが。
 

2 thoughts on “新しい(というかメンテ済みの)電動車椅子がやってきました。

  1. ぐりぐりももんが 返信する

    実は大学時代の同級生が、ヤマハ発動機に就職していたのを思い出しまして、ネットでぐぐったらそれらしき人物が見つかりました。
    それで、購買関係の部長職みたいだったのですが、そうだとしたら部材ケチっていないのか心配になりました。
    もし、本当ならご容赦くださいませ。

  2. toyokosan 返信する

    ぐりりん社長、ありがとうございます。

    同級生の方がヤマハ発動機にいらっしゃるのですか。それも購買部・・・ちょっと気になっていまいました^^

    私のレンタルしている電動車椅子は以下のURLのSタイプのものです。これだけが、介護保険でレンタルできる、YAMAHAの電動車椅子です(本日現在)。
    http://www.yamaha-motor.jp/wheelchair/complete/active/

    配線の束が外れて車輪に絡むといったことは何度か有りましたが、今回のように止まってしまうというのは始めての体験です。他社のものよりも小回りが利いて、私の運転技術に耐えてくれる(?)貴重な車椅子です。でも、途中で止まってしまうということが今後も続くようであれば、他社のものに変える必要が出てきます。。これまで他に2社の車椅子に乗りましたが、ヤマハさんのものとは比べ物にならない位、ちゃっちいものでした。なので他に良いものが見つかるかどうか・・・。

    そのような理由からも、何とか定期的な全交をお願いしていきたいと思います。担当者じゃ話にならないので、サービス管理者に問い合わせしてみようと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。