転院しました。

 「転院しようか」でもなく、「転院します」でもなく、『転院しました』です。ALS等の日常管理をしていただく病院を転院したい旨を、今日の午前診(診察に入ったのは2時半だったけど)でリハDrに告げ、今日の夜診に新しい病院に出かけ、午前中に既にリハDrとお別れしてきましたと新しいDrに告げました。早いね〜と笑っておられましたが、地域連携室の方とは既に打ち合わせ済みでしたので^^

 本日、リハDrにお渡しした手紙を、後日にこの駄ブログに貼るかもしれませんが、診察だけでなく、リハビリも新しい病院に移りました。そこでビックリしたことが。新しい病院で教えていただいたのですが、通院でリハビリを受ける際は、リハビリの前か後に、リハビリの処方箋を出しておられるDrの診察を必ず受けなければいけないという、厚労省の通達が出ていると知りました。こんなこと、初めて聞きました。他の病院では普通だったのかもしれませんが・・・。

 今までの通院リハビリは、リハDrの診察を月1回受けるだけで良く、リハビリは受付に診察券とリハビリ予約表を出して、そのままリハビリ室に行っていましたと新しい病院のDrにお話しすると、それはアウトです、いつか厚労省から是正があるのでは?とのことでした。ということは、このまま今までのリハ病院(クリニック)に通っていたら、毎回、リハビリ後に数時間待って診察を受けるか、朝早くから並んで(8時から名前を書いて受付する仕組みになっています:ファミレス状態)早いうちに診察を受けるか、どちらかの方法を取らないとリハビリは受けることが出来なくなります。

 是正される前に、新しい病院に移っておいて良かったです。今月のみ、新しい病院で診察&通院リハビリを受け、来月からは訪問リハビリに切り替えます。訪問の場合は往診とセットになるそうなので、月1回の往診+週2回の訪問リハビリ(こちらの病院の標準回数:1回40分:医療保険でも介護保険でもOK)ということになります。その方が断然、身体がラクです。まだ往診をしていただくほど進行はしていないと自分では思っているけれど、やはり通院疲れが強くなってきているから、2月からは往診+訪問リハビリでお願いすることにします。ちなみに今までのリハ病院では、訪問は介護保険で週1回40分しか受けられません。人員が少ないからね。

 リハビリの時間は今までよりかなり短くなりますが、長時間のリハビリを受けることに疲れ始めてきていたのと(全身のリハが必要だったから、セラピストさんが時間を配慮して下さっていたのですが)、時間が長くなるとセラピストさんもお疲れになるだろうから、昨年末のように怪我をする危険性もぐっと減るだろうし、そういう意味では40分でいいかなと思っています。後は整骨院でカバーしていただき、かつ、オピオイド等の薬でフォローしていきます。

 リハDrは、昨年末のリハビリ時に起こった頚部捻挫+顔面神経痛について、こちらの責任だからMRIを撮ってきて欲しいと仰いました。でも別に、頚椎そのものに異常は見られないと思うので、お断りしました。リハ病院にはMRIがないので、系列の病院まで撮りに行くのも大変だしね。相変わらず、首の痛み(外では頚椎カラーをしています)と目の周りの顔面神経痛は続いていますが、セルシン(抗筋緊張剤)を飲みながら治していくことにしました。

 そんなこんなで、取り急ぎ転院のご報告でした。年度末地獄に入る前に、診察&リハ体制が整いそうで良かったです。ただ難点が1つ。ウチがひっくり返っていることです(–)
 

4 thoughts on “転院しました。

  1. マサ 返信する

    お久しぶりです。
    今年も宜しくお願いしますって…
    年明けてから何日たっているんだって、それにコメントもしていないし…

    ウチがひっくり返っているのは我が家と一緒です。
    クリスマスも年末年始もほとんど我が家には、関係ありませんでした

    クリスマスイブの朝包丁で右手の親指と人差し指の股?をサックリとやってしまい
    左手で押さえながらティッシュを取りに移動しようとしたらこたつのコードに引っかかり転倒
    手は6針抜い、足はスジをのばして簡易ギプス…
    今日〜〜?
    テレビのお守り担当でした。

    とよこさんの年度末地獄と読んで、医療控除の手続きネットから挑戦しよ〜って思いました。
    インフルエンザ来ている、みたいなので病院にはあまり行きたくないのですがリハビリがあるので、マスクをシッカリして行っています。
    とよこさんも気を付けて下さい…感染する時には何をしていてもするんですけどね。

    J

  2. いいにく 返信する

    明けましておめでとうございます。
    って6日になってましたが、年末年始お仕事していました・・

    私は福祉業界の訪問介護ヘルパーをしています。

    通院リハのおはなしで、あら〜・・って思った件がありました。

    自立支援の通院介助でサービスを行っている方です。

    とよこさんと同じで月1回診察、リハは2週間に1回、すると1ヶ月2、3回は通院介助してます。

    アウト〜?
    う〜ん・・訪問リハ?

  3. toyokosan 返信する

    マサさん、ありがとうございます。

    お久しぶりに近況をうかがったところ、大変なクリスマス&年末年始だったのですね。指の股?水かき?を6針・・・痛そうですね。おまけに足のギブスまで・・・。今年の不運を、これで全部持っていってくれたのならいいのですが。そう期待しておきましょう。

    ウチはコタツを置いていません。過去にコタツでこけたことが何度かあるので、ホットカーペットだけにしています。今は特に、私が床に座る機会が減ったので(立ち上がりがしんどいから)、とよダンナにはホットカーペットのみで何とかしてもらっています。

    私も昨日でかけた病院で、後ろに座っておられた方が診察の結果、「肺炎やて〜」と話しておられたのが聞こえました。あ〜、座ってられないからソファーで寝転んでいる私の傍から、お願いだから肺炎さんは離れておくれ〜って思いましたよ。インフルエンザの予防接種を受けていないし(メンドーなので)、マスクをすると息が出来なくなるので、病院の待ち合いの安全地帯を探して、横になっております。
    でも確かに、感染するときは感染するもんね。栄養をつけておこう。でも太るからなあ。

    どうぞこれ以上、何も起こりませんように。今年もよろしくです。

  4. toyokosan 返信する

    いいにくさん、ありがとうございました。

    訪問介護ヘルパーをなさっておられるのですね。お疲れさまです。大変なお仕事ですよね。私は今はヘルパーさんに来ていただいていないのですが(行政と保健所にヘルパー派遣はダメと言われたので)、以前に少しだけ来ていただいていた時は、本当に感謝、感謝でした。

    通院リハの件、病院(ないしはクリニック)で診療報酬明細書をもらってみてください。診察を受けたことになっている可能性がありますよ。例えば再診料といった項目などで。
    200床以上の有床病院や急性期の患者さんを診ている大きな病院や、回復期リハ病棟を持っている病院になると、リハビリの回数や単位などについて厚労省のチェックも厳しくなりやすいからルールに厳格になるかと思います。でも、街にある無床の病院ではそんなに細かくチェックできないでしょう。ましてや電子カルテが普及してきたので、本当に診察したのかどうかなんて、何とでもかけますからね〜。
    利用者さんがOKであれば、明細書を見せてもらってご確認くださいませ。訪問リハも人手が足りないから、通院リハをできるだけ続けて欲しいと思っておられる病院(クリニック)も多々あると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。