左眼が見えずらい。

 年末前に、お正月にセッティングしようとして、財布と相談して買い込んだもの。財布はかなり痛いけれど、コミュニケーション手段を確保するためには仕方がなかった買い物です。

  *iPad(ノートPCを持ち運ぶのに限界が来たから)
    Appleの直販で3%の障害者割引を受けられました。
    私が好きではない(好きな方には失礼ですが)、某SBのロゴがついたiPadは買わず、
    かつ、某孫氏の通信等のビジネスモデルには乗っかりかりませんでした。
  *iPad スタイラスペン
  *指にはめて親指で操作するマウス(指輪みたいなマウス)
  *シリコン製 丸められるキーボード
  *Bluetooth対応キーボード
  *KDDI光通信 無線カード
  *eモバの機種変更(2年使ったので無償で機種変更)
  *その他、細かいもの。

 でも、年末年始は頚椎捻挫の痛みで何も出来ず。今は左眼が強制閉瞼(へいけん)+視力がおかしくなっていてモノが見えずらくなってきており、電動車椅子の運転もキーボードを打つのも一苦労。左指の復活もまだです。食べるのも、顔が麻痺して食べにくい。結局、とよダンナに上記の箱だけ開けてもらって、iPadの鏡面の美しさを確認しただけで、他は何もできずにこの連休も終了。私の年末年始とこの連休を返してー。

 明日、とりあえず眼科に行ってきます。「お姉様」、今日は誠に申し訳ございませんでした。
 

6 thoughts on “左眼が見えずらい。

  1. ぐりぐりももんが 返信する

    ホーキング博士が古希を迎えられました。
    世界でもっとも有名な、仕事も現役のALS患者さんですが、インテル社がサポートしているようですね。

    http://gigazine.net/news/20120110-stephen-hawking-new-pc/

    こう言ったPCが早く一般でも入手できれば、ALS患者さんの手助けになるんじゃ無いでしょうか。

  2. 希望 返信する

    頸椎捻挫からくる、手、目、口の麻痺にお見舞い申し上げます。
    心配しています。
    今日眼科の診察を受けるということですが、たいしたことではなく、早く治るようにお祈りいたします。
    せっかくのIPADを早く使えるようになるといいですね!!

  3. マサ 返信する

    とよこさん 常識では考えられない方々と関わり無くなり少しは、精神的に楽になれば良いのですが…
    とよこさんにはスッキリ感は無いでしょうね 彼方の方々は有ったとしても…

    確かに鏡面綺麗ですよね、私もipad使用しています。
    ipad を選んだ理由は息子がiPhoneを使用していて、操作方法を教えて貰い
    息子が作った資料を送って貰えるのでipadを使っています。
    スタイラスペンは純正品が無いと思ったのですが、とよこさんは何を購入しましたか?
    指輪みたいなマウスを使用したら、どんな感じか教えて下さい。
    お願いばかりでゴメンなさい。

    麻痺早く治まると良いですね。

  4. toyokosan 返信する

    ぐりりん社長、ありがとうございました。

    日本にも一応、障害者用の入力支援ソフトやスイッチがあります。
    有名どころでは、『伝の心(でんのしん)』という、日立ケーイーシステムズという、日立の社内ベンチャー?らしきところが作ったものです。
    でもこれは、PCのようでPCではなく、プリンタまで一体化された、専用機です。ネットは出来ますが、従来、PCを使っておられた方には満足できないでしょう。私も試してみましたが、パスすることにしました。PC初心者向きですね。
    http://www.hke.jp/products/dennosin/denindex.htm

    もう1つは『オペレートナビ』というソフトです。これは通常のPCにインストールできるアプリケーションです。こちらはもともとNECが開発したものですが、今はテクノツール株式会社というところに譲渡されました。
    普通のPCが使えるのが特徴ですが、なんせOSのバージョンに追いつかない。先日も32ビットと64ビットのユーザーが、いろいろ問い合わせしている画面を見かけました。使っておられる方は多いですが、私は操作してみて、これは私には向かないと思いました。
    http://www.ttools.co.jp/

    私が一番使いやすいと思った商品は、入力支援装置+環境制御装置(例:テレビをつけるなど)が合わさった商品でした。入力装置を自由にカスタマイズできるものだったので、自分の使いやすいようにセッティングすることができました。環境制御装置は、ヘルパーさんに来てもらえない(行政指導のため)私に取っては、マンションエントランスのインターフォンなどをベッドの中で扱えないかと考えていました(結局、無理だと分かったのですが)。
    大阪に支社がある会社だったので、近々デモに来ていただきたいとお願いしていたのですが、大阪から撤退し、東京本店だけになってしまいました。そのためアフターフォローができなくなり、他社の商品を探さないといけません。加えて、お金のかかるものなので、資金を集めとかないといけません。

    ホーキング博士の使っておられるものも、XPバージョンですよね。昔は同級生が、DOS時代にプログラミングを組んで作ってくれたと、伝記でよみました。
    アメリカでも同様に入力支援装置が発達しています(アメリカの方がたくさんの種類があります)。

    ただ、アメリカも日本も、入力スイッチが問題で、その方のどの筋肉が僅かでも動くのかによって、スイッチそのものや、スイッチの置き場所・貼り場所などが変わります。実際は器械を選ぶより、こちらの方が頻繁に変えないといけないので、スイッチ選びの方が大変です。
    スイッチも随分種類が増えましたが、まだまだかな、という感じが私はしています。脳波スイッチなどが出来てくれたら、文字でコミュニケーションできる方が増えるのですが・・・。
    あとは、そういったスイッチや機器の支援をしてくださる人材が不足していることが難点です。PCが得意なヘルパーさん・看護師さんって少ないですからね。。。

  5. toyokosan 返信する

    希望さん、ありがとうございます。ご心配に感謝いたします。

    まさかリハビリでこんなめに遭うとは思いも寄りませんでした。病院を変える計画は少し前から考えていたのですが、この怪我をきっかけに、年末に新しい病院と相談し、もうあそこでリハを受けるのが怖いので、新年から新しい病院に移りたいと相談しに行きました。そしてOKを頂きました。

    iPad、まだ箱に入ったままです。怪我のお陰で報告書類作成の仕事を随分休んでしまったので、身体が復帰し始めたら、まずはそちらに取り掛からないといけません。一体いつになったら、私のiPadは起動できるのだろうか・・・。

    iPad以外にも、そろそろウチのPC(かなり古いので新規で購入しないといけませんが)を机とベッドの両方で使えるよう、同期化のことも考えて、どうする方がいいかな〜と考えています。
    人の手を煩わせないように、自分一人でスイッチから立ち上げ、終了まで出来るようにしておかないといけません(タイマーがあるからいいか)。

    ちょっとでも病状が変わると、モノが大きく動くこの病気、いろいろ大変ですよね〜。

  6. toyokosan 返信する

    マサさん、ありがとうございます。その後、怪我の具合はいかがですか?

    私は仕事柄、常識が通じない方と出会うことが多々あったので、そういう点では取り乱すようなことはありませんでした。でも、リハは自分の障害=自分の身体や心と密着しているので、頭だけでは受け止めることができない、心にも影響するものがありました。マサさんの仰るとおり、完全にスッキリ感が得られたかといわれれば、そうではないと答えることになりますね。。

    セラピストの彼は、別に何とも思っていないでしょう。そういう人ですから。私も最後に言いたいことを(一部だけど)Drに文書で伝えてきましたので、あとはマトモな病院なら、少しは改善の方向に向かうでしょう。
    まあ、あの病院には「管理」という言葉は辞書にありませんから、何の変化もなく終わるでしょうけれど。

    iPadは梱包もキレイだったし、鏡面もキレイです。そこまで拘ったジョブスしの表現の現われなのでしょうね。箱の中に商品(の左右)の支えとして入っているダンボールですら、あんなキレイな形のものは見たことがありませんでした。日本の企業じゃ(全部とは言い切れませんが)ありえないでしょうね。

    息子さんがiPhoneを使っておられるなら、いろいろ情報交換のついでにコミュニケーションが出来ていいですね、今、息子さんが何に興味があって、どんなことを考えているのかも少しは分かりますしね。

    >スタイラスペンは純正品が無いと思ったのですが、とよこさんは何を購入しましたか?
    私はサンワサプライで「PDA-PEN23W」という品番のものを購入しました。純製品ではありません。選んだ理由はペンが太いこと。細いペン(ボールペンなども)が使えないので、ペンの持ち手の太さを選びました。まだ使ってないけれど・・・。
    あと、Appleストアで、プロジェクタとつなげられるアダプタのみ買いました。あとで、自分で買いに行っても???なので^^ 仕事などでプリンタに映し出すときに便利かなと思って買いました。

    >指輪みたいなマウスを使用したら、どんな感じか教えて下さい。
    こちらも使ってみたらまたブログにアップしますね。怪我で報告書の仕事を溜め込んでしまったから、もう少し先になりそうだけれど。
    平面型トラックボールも新たにサンワサプライから発売されたので、そちらも購入します。今までのはXPしか使えなかったからね。iPadには使えるかどうか分からないけれど、使うことはないでしょう^^ トラックボールがあれば、PCのデスクトップをWin7に変えることが出来ます〜。
    お金の話は別にして、今のXPがもう限界にきているので、ベットと机の両方でPCが出来るように、環境整備していきます。ぼちぼちとね。

    >お願いばかりでゴメンなさい。
    いえいえ、聞いてもらった方が、私も評価できるので楽しいです。ただ、今は怪我のため、使えるようになる日が当分先になると思うので、申し訳ございません。

    >麻痺早く治まると良いですね。
    左手の指の麻痺が一番辛いですね。キーボードが上手く打てません。そうでなくても、右手の指の機能も落ちているのにね。。。

    マサさんの怪我も早く治りますように。家事の時だけは、痛い〜手伝って〜と息子さんにお願いする^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。