私が体験した限りですが、JR西日本が走らせている新幹線および特急電車は、多目的ルームの予約ができません。車掌とご相談くださいと、いつもいつも駅の窓口で言われます。

 また、車椅子の場合は、車椅子席を予約する必要があります。私は、新幹線はいつも当日に新大阪駅で切符を買うので、車椅子席のことは自動的にお任せすることになります(新大阪駅では多目的ルームの予約が出来なかったけれど)。けれど、在来線の特急の1日数本走っている「新型車輌」にも車椅子席があり(新しく作られました)、そこは最寄りの駅に事前予約をしに行かないといけません。その予約も1日で済まないことがあります。予約センターの回線が1本しかないから、なかなかつながらない時があるのです。

 でも、そこまでして予約した「新型車輌」の車椅子用の席は、車椅子を置くと、後は人が一人、通れるか通れないかの隙間しか開かず、もちろん車内販売のワゴンは通れません。車内販売の方が通る度に車椅子を一旦デッキに運んでくださるのですが、戻ってきた時にはクッションが1つ減っています(デッキに落ちている)。

 仕方がないから車掌さんがいらした時に、多目的ルームを使わせて欲しいとお願いしても、他に授乳の方のご希望があるので・・・などバッティングしてしまうことも度々です。大抵は邪魔な車椅子が勝つ(?)のですが、負けた場合、私が車椅子を何度もデッキに運ばないといけないかもしれません。それならデッキでずっといる方がマシです。

 加えて、先日は車椅子が勝ったけれど、後で出しやすいようにと、車掌さんが多目的ルームの座席の方に車椅子の背を向けて入れてくださったので、多目的ルーム戦争に勝った意味がありませんでした。椅子に座り車椅子の座席に脚を伸ばしたかったのに・・・。自分ひとりじゃ、車椅子を動かし直すのも大変なんだよー。

 JR東日本の方では多目的ルームの予約が可能なようですね。JR東海や九州他はどうなのかな。JR西日本全体がそうなのかどうか分かりませんが、博多駅にあるJR西日本みどりの窓口でもダメだったから、恐らく全部ダメなんだろうな。こんなことなら、青春18切符を買って、在来線の旅がてら、仕事に行く方がマシかもしれないなあ。どこへ行くにも、まずはJR西日本を使わないといけないんだからさ。

 新型車輌用のスロープは、段差がありすぎてこれまた大変。電車も車も、何かとしんどいねー。本日の記事、分かりにくい文章になってしまいましたことをお詫び申し上げます(–)
 

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)