2日は、5時間の研修でした。資格更新研修会の講師なので、私が一方的にしゃべりっぱなしになります。毎年の行事であり、私は既に5年ほど連続でこのお仕事させていただいていますが、毎年、身体能力の低下、体力の低下を感じます。

 今年の研修でこれまでより進んだことは、まず、開始後20分ほどで小さい声しか出なくなったことです(マイクがあったので助かりました)。また、立ちっ放しの研修なので、教壇やホワイトボードに、受講生から分からないように持たれかかる時間が圧倒的に増えました。休憩時間も毎年10分/hなのに、自分がしんどいから15分にしてしまいました。極めつけは、頭の中にも手元のメモにも終了時間を書いていたのに、身体がしんどかったためか、自分も気づかないうちに15分早く研修を終えてしまいました。研修を終えてしばらくするまで、自分が15分早く終わったことに気がつきませんでした。。

 やはり1年で、身体の状態がかなり変わっているのですね。右肩が上がらないから、ホワイトボードに文字を書くのが苦しいです。あらかじめPPTで作った資料を受講生に配っておき、私はそれをホワイトボードに貼って研修を進めていますが(プロジェクタ等がないため)、やはり少しは字を書く必要が出てきます。そんなこんなで、昨日は即効ダウン。今日もまだ疲れが尾を引いています。かなり強い疲れを感じています。来年も依頼を受けたけれど、もう立って研修するのはムリかな。。でもどこでも車椅子で仕事ができるわけじゃないからね。。

 話は変わって、今日は呼吸器の管理DrでもあるリハDrと、レスピロさん、そして私の3人で、呼吸データを見ながら設定について話し合いました。トリロジーも試させていただきました。短時間だったから、シンクロニー2との違いは良く分からなかったけれど。

 肝心の呼吸データは、1回換気量がグッと落ち込んでいました。特に夜間、眠っている間の1回換気量が落ち込んでいました。平均で230くらいでしたが、睡眠時は200を切っていました。これを300位に上げるために、IPAPを10から12に引き上げることとなりました。でもこれでも1回換気量が上がってこなかったら、肺のコンプライアンスの低下、つまり呼吸筋が動かなくなってきているということなので、気切へゴーということになります。気切はイヤなので、IPAPの調整で1回換気量、特に睡眠時の1回換気量が上がってくれるよう願っています。

 痰も出やすくなってきました。カフアシストを使うときもありますが、何故か今のところ、コーラを飲めば喉がスッキリします。甘い飲料水は苦手なのに、何故かコーラは飲めてしまいます(ガブガブ飲むわけじゃないけれど)。確か、まびさんもコーラは飲めるとおっしゃってましたよね。カフアシストは夜中に使うと音がうるさいので、隣の部屋で眠っているとよダンナを起こしかねません。もう少し、音が静かになればなあ。

 ちなみに今の私の肺活量は37%です。JOJOさん、すごい復活劇ですね〜。今後が楽しみです。
 

6 Comments

  1. マサ on 2011年2月4日 at 4:05 PM

    とよこさん、お仕事ご苦労さまでした。
    立ちっぱなしの仕事は絶対にキツイですよね!
    5時間はもたれていても、終わったら、ダルダルですよねきっと

    とよこさん、いろんな方に私の文字化けのアドバイスを聞いてくださり有難うございます。
    でも、コメント文字化けして読めません~~~
    でもでも、不思議な事にPCにバックアップして復元かな~~~
    なんて思っていたら、今日はコメント書く前にコメントを押して見たら…化けない!!!
    でも1日のコメントを押したら、化けた!
    もー分かりません
    ただでさえPC等弱いのに…とりあえず読める様になったからよしとします。

  2. JOJO on 2011年2月4日 at 5:29 PM

    ありがとうございます♪
    この変化には自分でも驚嘆の一言です^^
    薬事法の手前、効果ではなく変化としか表現できないのがもどかしい限りですが、この薬は進行緩和薬であるにも関わらず、評判通り呼吸機能に喜ばしい変化をもたらしてくれるようです。
    悔しい事に私の手足はほとんど機能しないため、こちらに薬による変化を期待するのは難しいのかもしれません。
    しかしながら、とよこさんのように、まだかなり運動機能が残存している患者には良い変化があるようですよ♪
    おそらくとよこさんのアンテナには、この薬の情報は入っている事と思いますが、もしも可能ならば是非ともとよこさんにもお試し頂きたいと願っています。(主成分→肝臓治療に用いられるウルソ)

    以前の記事にコメントし損なってしまったのですが、シンクロニーの水滴を誤嚥された事がありましたよね?
    実は記事にするスピードが追い付かずに未だにかけずにいるのですが、私はトリロジーの加湿設定をわずかに1にしているにも関わらず、毎晩「溺れる」程の水滴に悩まされ、夜半の体交時にダンナにマスクの水滴をティッシュで拭きとってもらっているのですが、それでも時折鼻孔から水が浸入し鼻が痛む時があります。
    ちなみに我が家の加湿器は、とよこさん宅同様水蒸気が見えないタイプですが、上の理由によりおやすみモードがあるのにも関わらず20時以降は運転を停止しているほどです。
    家の湿度は様々な要因で異なるものですが、ただトリロジーの納品後とよこさんが今まで以上に水滴に悩まされないかと老婆心ながら危惧しております。
    我が家と違い快適に使用できますよう、心から願っております^^
    長々と失礼いたしました<(_ _)>

  3. さとりん on 2011年2月4日 at 9:35 PM

    お仕事お疲れ様です!
    何だかんだと言ってもきちんと受けた仕事をこなしているのは、さすがですね〜
    仕事モードになると、どこからか
    神経が頑張ろうとしてるんでしょうね?
    その分、終わったときの倦怠感はすごいんでしょうね〜

    私も毎日そういうことの繰り返しで、家につくと脱力感200%ですわ。
    貧乏は神経細胞を何らかの形で活性化してくれるんだと、私は思ってます。
    金持ちになったら・・・きっと頑張れないようになるのかもしれません。
    (あくまでも私の場合ですが)

    来年もどんな形でもきっとこなしていくだろうと信じてますよ(*^^*)

  4. toyokosan on 2011年2月5日 at 2:23 AM

    マサさん、ありがとうございます。

    さすが5時間の仕事はきつかったです。今日、たまたま仕事がキャンセルになったので、たっぷり睡眠をとりました。お陰でちょっとだけ回復しました。

    iPadが文字化けする日とそうでない日があるのですね。。ということは、私の方(はてな)に何らかの原因があるのかもしれません。31日のブログは、はてなの記法を使って、書籍の紹介をしました。そういうブログ独自の機能が、iPadには通用しないのかもしれません。

    とりあえず、読めるようになってよかったです^^ また読めなくなっちゃう時もあるかもしれませんが、そんな時はどーせろくなこと書いていないんやわとムシしていただくか、PCで読んでやってください。いろいろと、ありがとうございました。

  5. toyokosan on 2011年2月5日 at 2:33 AM

    JOJOさん、ありがとうございます。
    足打ちで大変なのに、長いコメントをありがとうございました。

    肺活量上昇、本当に良かったですね。私も韓国の新薬のことは聞いてはいますが、なんせいろんなものにアレルギーを感じてしまう体質なので、食べ物だけでなく、薬にも慎重になってしまいます。今の私くらいの進行状態で服用すればよい薬なのかもしれませんが、お金のこともあり、辞めております。なのでJOJOさんの呼吸能力アップを願い続けております。

    以前のコメント、覚えていてくださってありがとうございます。今でも3日に1回は、鼻腔に水が入り、とつぜん溺れたかのような感じになります。それ以外でも、毎日水滴はたまりますね。
    私の加温の数値は3です。3未満にすると、今度は喉の渇きのため、着けていることが出来ません。加湿器も夜中もお休みモードでフル回転です。

    これがトリロジーになったらどうなるかは、まだ試していないのでちょっと不安です。実際にトリロジーをウチに納入してもらう時は、訪看さんが同席してくださることになっているので、まだ日程調整中です。

    トリロジーはシンクロニーのようにバブル開閉型ではないので、結露は多くなりそうな気がしています。トリロジーが届いて、試してみてから、対策を考えてみます。ひょっとしたらシンクロニーに戻っているかもしれませんが(−−)

    いろいろと教えていただき、ありがとうございます。とても助かります。JOJOさんが少しでも快適な療養生活を送れるよう、願っています。

  6. toyokosan on 2011年2月5日 at 2:42 AM

    さとりん、ありがとうございます。毎日お疲れさまです。

    今まで、しんどいしんどいと言いつつ、仕事になるとアドレナリンが働いてくれていましたが、徐々にアドレナリンの威力が下がりつつあります。今度は自律神経にがんばってもらうことにします。ほんと、仕事が終わった後の倦怠感ってすごいですわ(−−) さとりんの気持ち、良く分かります。

    貧乏というか清貧というか、そういう状況に置かれている私達、身体の中の貧乏神さまが、はたらけー、まなべー、と身体に命令してくれているのでしょう。私もお金持ちになって、何の心配もなく在宅療養できるようになったとしたら、進行のスピードが一気に上がると思います。生活費を稼がないとというモチベーション、家族問題というトラブルメーカーが、ベッドから私を転がりださせているのかもしれません^^

    来年も今回の仕事、続けていられるよう、気切だけは避けたいです。呼吸筋の進行が手足より早いというのは意外だっだなあ。

    春になったら、遊びにいこうね。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)