今日の話題はトイレ問題。最近、自分の身の回りの具体的なことばかり話題にして、抽象度を上げた文章を書けないでいるなあ。まあいいや。それは仕事で書けるから。トイレ問題・・・徐々に切実になってきました。ベンザの乗り降りは昇降機を取りつけてかなり改善されてきたけれど、トイレの時間の問題と、トイレでの動作の問題に、今は困っております。

 トイレの時間の問題は、下剤の効き始める時間です。私は1日でもベンピをすると、子宮内膜症のためお腹が痛くなったり、横隔膜の位置が上がるため息苦しくなります。なのでベンピを避けるために、毎日下剤を欠かせません。下剤は2タイプ・3種類使っています。1つはベンに水分を送るタイプの薬(私はマグミット)と、もう1つは腸の蠕動運動を活発にするタイプ(私はヨーデルとプルセニド)を服用しています。

 これらを主に食後に飲んでいますが、中途覚醒とは別に、夜中にベンイを催し、眠りを何度も妨げられることがあります。そのため、ぐっすり眠るということができません。とはいえ、寝る前に飲んでも、栄養剤を入れているためか、いつベンイを催すかは全く分からないのです。下手したらベンイを催さずに、翌日はお腹パンパンで苦しい思いをすることもあります。

 もう1つはトイレでの動作の問題。うち1つは、流す時にコック(というのかな)まで手が届かなくなったり、コックを手前にひねるという動作がしにくくなってきています。ウチのウォシュレットには、流す機能がありません。でもこれは、棒をつけるなどして何とかなるでしょう。

 そして残りのもう1つが、股関節が痛くて、トイレ後に拭くことができなくなってきていることです。ウチのウォシュレットには、流す機能もなければ、乾かす機能もありません。なのでトイレの終わりには必ずティッシュで拭くことになります。でも、前から拭きたくても、股関節が痛くて、脚が広げられなくなってきています。後ろから拭くのも、肩が痛くて無理なのです。自然乾燥するまで待つ、というわけにはいかないので、股関節の痛みに耐えながら前から拭いています。

 これは福祉用具で解決できないから困ったもんです。ウォシュレットを、流す機能と乾かす機能が付いているものに変えるしかないでしょうね。できればボタンを手の指でも、床において脚の指でも押せるものがいいですね。。加えて、トイレに背もたれがないのも辛い。これも何かで工夫することを考えないと。

 キタナイ話になってごめんなさい。ウチは狭いのと、トイレがちょうど部屋全体の真ん中にあるので、かろうじて歩いて(しんどい時は壁づたいで)行けますが、歩いて行けなくなったらこれまた大変な問題です。歩行器はトイレのドアには入らないし、トイレの中で歩行器を回転させることもできないし。

 義母は相変わらず結核の薬を飲むことを拒否しています。知的障害のある義次兄は、もう1ヵ月以上、咳が続いています。病院(自分の診察)は怖くて行こうとしてくれないので、まさか結核が移ったんじゃないかと心配しています。心配事が後を絶ちませんね〜。
 

6 Comments

  1. gurigurimomonga on 2010年2月8日 at 1:38 PM

    とよこさんへ、
    ウオッシュレットは、早く入れたほうが良いですよ。
    あれは、慣れると本当に便利だからね。
    それで、タイでは紙で拭かずに水の入った手桶で洗う習慣が普通です。
    しかも、田舎に行けば行くほど、そうなるのです。
    紙なんか絶対にトイレにありません。
    インドネシアもインドでも、みんなそうでした。
    だから、早く導入して気楽になった方が良いですよ。
    それから、結核なんですが、僕も若いころ一ヶ月くらい微熱が続いて体のだるい時期がありました。
    結局、直り掛けの頃に医者へ出向いてレントゲンを取ったら、肺に結節ができているらしく、医者が言うには結核だったのかもしれないと言われました。
    知らずの内に罹っていたのです。
    あの時は、ぞっとしました。
    そんな自分の経験もあるので、お医者さんに早く見てもらうことをお薦めいたします。

  2. さとりん on 2010年2月8日 at 2:17 PM

    センサー付のウォシュレットを身障か難病で購入しましょ〜〜〜
    あれはM子さんのうちで使ったけど、めちゃいいです!!!!

    うちのは乾燥機能はあるけど、流すのは手動(−−)
    でもその乾燥も・・・・時間かかるし・・・・・やっぱり紙で拭いてしまうわ。

    トイレまで行けなくなったら・・・ポータブルのウォシュレット付がいいかもね。
    うちのトイレも車椅子は、入るスペースないわ。

    義弟さん・・・・マジで一度レントゲンをとった方がいいかも。。。。。。

  3. いたこ on 2010年2月8日 at 5:31 PM

     いたこの叔母はリウマチで膝が悪くなったら、すぐ購入しました。ブログに各ぐらいだから、すでにとよこさんのストレスになっていると思います。

     そうそう、バックアップに話ですが、「 @nifty 」にお試しで「マイキャビ」というサービスがあります。20MByteが無料で使えます。サーバーのフルダが、自分のパソコンのディスクトップにフォルダとして操作できます。FTPはいりません。いたこは愛用してます。

    @nifty マイキャビ
    http://www.nifty.com/cabinet/index.htm

  4. toyokosan on 2010年2月8日 at 7:53 PM

    ぐりぐりももんがさん、ありがとうございます。

    アジア(特に東南アジア)では、トイレ習慣が日本とは異なりますね。紙で拭く方が増えた中国でも、やはり日本とは異なりますね。中国からの観光客が増えた大阪でも、中国の方のトイレの使い方が問題になっています。

    ぐりぐりももんがさん、知らぬ間に結核を患っておられたのですね。身体に免疫力がある方なら、いつの間にか治っていたということもあり得るでしょう。私の父親が2年程、隔離病棟で過ごしておりましたが。。

    義次兄は幼いころから病院(診察)が怖いので、風邪を引いても身体の調子が良くなくても病院に行きません。というか、身体の調子が悪いということを自分から言わない(言えない)のですが。。私は病院に行って欲しいのですが、ダンナの兄弟のことだから私があまり深く入り込めないところがあります。なので私は、病院じゃなく保健所でX線撮影してもらえないか、保健師さんに聞いてみようと思っています。
    先日、市役所デビュー(?)を果たした義次兄ですから、保健所の方が病院よりも行ってくれやすいかもしれませんので。。義次兄が診察を受けやすい環境を作っていきたいと思います。

  5. toyokosan on 2010年2月8日 at 8:04 PM

    さとりん、ありがとうございます。

    介護保険ではすでに付いているもものの買い替えはできないし、難病制度は大阪府からの通達(手帳を持っているものは医療ではなく障害福祉制度を使えという通達)を頑な守っている管轄保健所なので、身障法で購入することを検討します。先日、吸引器の申し込みしたばかりだけど^^

    ちょうど福祉用具レンタル屋さんが個人的にご存じの方に、台所の水道をON・OFFで出せるスイッチを設置してもらう予定でいます(今のコックをひねることができないので)。その時に一緒にウォシュレットも付け替えてもらえないか聞いてもらう予定です。

    義次兄の件は、ぐりぐりももんがさんへのお返事に書きましたように、保健所で検査を受けられないか聞いてみようと思います。結核は同一世帯の家族が保健所にとってのキーパーソンになるので、私の方で説明できないのがじれったいです。

  6. toyokosan on 2010年2月8日 at 8:06 PM

    いたこさん、ありがとうございます。

    そうですよね。ブログに書いている時点で、すでに私にとってのストレスになっているのですよね。付け替えを検討します。

    「マイキャビ」面白そうなサービスですね。FTPいらずにフォルダを持てるのなら便利です。できれば20Mと言わずに、もっと容量が増えればいいのですが^^ そういう私は、niftyユーザーではないのですが(パソコン通信時代はniftyユーザーでした。懐かしい)。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)