今度は「ばね指」です。

 手の指の調子が悪いので、今日のアレルギー科のちょいワルおやじDrに、リウマチではないと思うけれど、指の調子がALSで調子が悪い時とは異なるようになってきた等々をお話したところ、「あ、それ、ばね指やわ」と伝えられました。

 ALSでは、人によりますが、手のひらがだんだん開きにくくなり、日常的に握っている状態のようになります。私はこの状態が長かったのですが、最近は指の付け根などの関節が痛くて、握りこぶしが鍬でのように変わってきました。そして、(昔ほどじゃないけれど)手指を使いすぎると、手がすぐにダメダメ状態になってしまいます。

 字を書くのも大変になってきているのは、ALS&ばね指のためなのかもしれません。ちょいワルおやじDrは、温めたり軽く動かす筋トレ(正確には腱トレ)をしたらいいんちゃうかとのことでした。このまま行くと、私は毎日、筋トレ付けになりそうです(–)

 だから、手とクチは残しておいておくれーと、神様仏様にお願いしてるのに、成果がでないなあ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。