先生、転勤ですか?!

 アレルギー内科のDrが、7月から転勤されることになりました。恐らく、大学が動かしたのだろうな。病院までの距離は今までの倍以上になるけれど、ついて行くことにしました。でないと、デュロテップパッチがもらえないからね。今までの私を一番分かってくださっているのも、このDrだしね。ただ、アンペック坐薬は、新しい病院では出せないとのこと。そりゃそうでしょうね、今まで大きな病院でもあったことから、無理して出してくださっていたのですから。今度は今に比べれば小さい病院。無理は利きません。

 転勤先での先生の診察日がまだ分からないので、ひょっとしたら、訪問リハや訪看さんによる入浴介助の日を、一日諦めないといけないかもしれない。7月から生活リズムが替わりそうだな。

 神経内科のDrにも、半年振りにお会いしてきました。はっきりと、ALSじゃないと言われました。告知されてからもう5年は経つのに、大きな進行(特に球麻痺)してこないからね。でも、今年度の特定疾患は書いて欲しいとお願いしています。次の7月の「特別受診」で、検討してくださるそうです。

 紙切れ1枚、たった紙切れ1枚で人生が変わるんだもんな。なくなったらなくなったでいいけれど、ベッドやら電動車椅子やらの介護保険のレンタルが出来なくなるのが辛いな。あと、お金のかかる医療(喘息のゾレアなど)は受けられないな。しばらくは障害者医療証を使わせてもらうとするか。

 さて、アレルギー内科の先生オススメのように、リハビリして歩く練習をするとしようか。歩けたら、どこかでアルバイトでも出来るからね。ガンバロ。