Facebookより
野中氏他『実践ソーシャルイノベーション』の事例を読み終わりました。
まずはSECI(セキ)モデルのおさらい。
1:共同化(暗黙知暗黙知)身体を媒介にして関係性を社会へと広げて行く拡がる心である。
2:表出化(暗黙知形式知)言語化しようという努力を通じて、共同化より獲得された暗黙知が他人へ伝達可能となる。
3:連結化(形式知形式知)アイディアやコンセプトを、ICTも駆使して既存の情報や形式知と関係づけて、総合、解釈して、組織で共有し実現できる起承転結の意味を持つ物語を作る。
4:内面化(形式知暗黙知)組織的な実践行動を通じて物語を現実化する中で知識を自分の内部を取り込む。

これら2つの知に加え、ソーシャルイノベーションでは「実践知」が加わります。掲載されていた事例は以下の7つです。
事例1:アサザプロジェクト(アサザという植物を霞ヶ浦に植生することを始め、行政や森林組合、漁協、小学校企業などと連携して里山の再生等の活動に広げて行った事例)
事例2:上勝町(有名な葉っぱビジネスの話。よそ者が上勝町にやってきて、葉っぱビジネスを思いつき、それを広げて行くプロジェクトの事例)
事例3:神山町上勝町の隣町。SOHOを活用したまちづくりの事例)
事例4:海土町(地域の経営資源を活かし、UターンやIターン者を呼び込む事例)
事例5:三鷹市(市民参加や市民恊働による、行政の計画策定を始めとしたまちづくりの事例)
事例6:エーザイ(hhc<ヒューマンヘルスケア>の理念のもと、企業競争を超えた世界的な難病対策を拡大していっている事例)
事例7:ベネッセアートサイト直島(「在るものは活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと、現代アートを活用して島に新たな意味を付与した事例)
事例8:くもんの学習療法(脳の前頭前野を「読み・書き・計算」によって刺激することで、認知症の改善や予防につなげている事例)
そしてこのような知識創造コミュニティ(略して知創コミュニティ)への社会変革プロセスの概念図が以下の写真になります。次は、事例を踏まえて、知識創造コミュニティを創って行くプロセスを学んで行きたいと思います。
野中氏他『実践ソーシャルイノベーション』の事例を読み終わりました。
まずはSECI(セキ)モデルのおさらい。
1:共同化(暗黙知→暗黙知)身体を媒介にして関係性を社会へと広げて行く拡がる心である。
2:表出化(暗黙知→形式知)言語化しようという努力を通じて、共同化より獲得された暗黙知が他人へ伝達可能となる。
3:連結化(形式知→形式知)アイディアやコンセプトを、ICTも駆使して既存の情報や形式知と関係づけて、総合、解釈して、組織で共有し実現できる起承転結の意味を持つ物語を作る。
4:内面化(形式知→暗黙知)組織的な実践行動を通じて物語を現実化する中で知識を自分の内部を取り込む。
これら2つの知に加え、ソーシャルイノベーションでは「実践知」が加わります。掲載されていた事例は以下の7つです。
事例1:アサザプロジェクト(アサザという植物を霞ヶ浦に植生することを始め、行政や森林組合、漁協、小学校企業などと連携して里山の再生等の活動に広げて行った事例)
事例2:上勝町(有名な葉っぱビジネスの話。よそ者が上勝町にやってきて、葉っぱビジネスを思いつき、それを広げて行くプロジェクトの事例)
事例3:神山町(上勝町の隣町。SOHOを活用したまちづくりの事例)
事例4:海土町(地域の経営資源を活かし、UターンやIターン者を呼び込む事例)
事例5:三鷹市(市民参加や市民恊働による、行政の計画策定を始めとしたまちづくりの事例)
事例6:エーザイ(hhc<ヒューマンヘルスケア>の理念のもと、企業競争を超えた世界的な難病対策を拡大していっている事例)
事例7:ベネッセアートサイト直島(「在るものは活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと、現代アートを活用して島に新たな意味を付与した事例)
事例8:くもんの学習療法(脳の前頭前野を「読み・書き・計算」によって刺激することで、認知症の改善や予防につなげている事例)
そしてこのような知識創造コミュニティ(略して知創コミュニティ)への社会変革プロセスの概念図が以下の写真になります。次は、事例を踏まえて、知識創造コミュニティを創って行くプロセスを学んで行きたいと思います。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)