久しぶりの読書を・・・と思ったら、眼が見えにくいんだった。

久しぶりの読書を・・・と思ったら、眼が見えにくいんだった。
ーーー
技術士第一次「自称模擬」試験も終わったことだし、もし受かっていたら、来年度は第二次「自称模擬」試験を、経営工学部門の中の「サービスマネジメント」を専攻して受験する予定でいるので、久しぶりに専門書を読んでみようと思いました。博士論文もサービス工学をテーマにしているので、それにも役立てたく考えています。
まず読みたいのが、『サービスマネジメント入門』(近藤 隆雄 著、生産性出版)という、サービスマネジメントの定番中の定番の書籍です。技術士第二次試験(経営工学/サービスマネジメント専攻)の基礎的教科書にもなっています。

しかし、眼が見えにくいことを忘れていました。今、書籍を開いたところ、文字が動いて見えます。特に左眼が悪くなっているようで、左眼では文字がほとんど把握できません。PCはノートPCを使うことで視野を狭くし、右眼を活用して使っていますが、書籍はそうも行きません。困ったなー。本が読めないや。
豊田 美智子さんの写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。