危険物の傍にいました。

 忘れてた。今朝、喘息仲間(?)のMiyukiちゃんからメールをもらって気がついた。古本の匂いは喘息のもとだったんだ。これまで図書館の書架に入った時も、よく咳込んでいたのに、忘れてた。ホーキング博士の書籍の強烈な匂いで、気管支を痛めてたわ。台風による気圧の影響も相まって、喘息発作を起こすとこだった。危ない、危ない。Miyukiちゃん、教えてくれてありがとうです。

 でもこの本は読みたいから、新本の新書版を購入しました。ついでにいくつか読んでみたかった新書も発注しました。本屋さんで手に取って見ていないから失敗するかもしれないし(今までの勝率は5割位かな?)、得意の「いいとこ取り」の読み方(全て読破するのは10冊中1冊あればよい方)で終わるかも知れないけれど、注文してみました。こうやってまた本を増やしていくんだよねえ。でも新書は安いし、軽いので助かります。でも手に持って読めないから、テーブルの上に置いて読んでいます。

 古本による喘息発作は避けられたけれど(気圧の変化による発作はまだ危険区域)、喉と呼吸筋の痛みは相変わらずです。昨日の夜は短時間のカイロとゆたぽんホットパックで凌ぎました。お陰で眠れましたが、朝と夜がつらい。今もカイロで鎖骨付近を温めています。そろそろ以前にご紹介した(Saeko先生からのプレゼント)、ひつじさん湯たんぽの登場かな? さすがドイツfashy社製、気密性の高い特殊キャップ(国際特許を取得しているそう)など、安全性にとても配慮してあります。電気や石油を使わないエコロジーさと高品質を追及している、ドイツが誇る企業の1つですね。車椅子もそうだけれど、ドイツのものづくりって、ほんとすごいね。おもしろいです。

 昨日、まったくスイッチが入らなかった炊飯器が、今日はスイッチが入りました。阪神のマジックが点灯したからかな。でももう10年を超える選手だから、そろそろやばいだろうな。やっぱり買い替えを検討しないと。ドイツ製の炊飯器・・・にはしません(^^) 日本のお米だから、日本企業の炊飯器にします。

 それでは、おやすみなさい。今日は全身の筋肉痛も強いので、辛いです(–)

 

2 thoughts on “危険物の傍にいました。

  1. さとりん 返信する

    ホーキング博士もそこまでして、読んでくれるとよさんに感激してるかもよ(^^)

    今日は寒いね・・・昨日より10度も気温が下がってるなんてね〜〜。

    明日は天気だといいね!!

  2. toyokosan 返信する

    さとりん、ありがとうです。
    ホーキング博士みたいに、寄付と研究費と印税で
    ALS患者として生きて行ければいいのですが(–)

    今日は寒かった〜。山の上まで行ってきたから、霧がすごかった〜。
    明日も雨の模様ですね(–) 明日、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。