痰をCO2として吐き出してきました。

 えーかげんにしなさい。今日も早朝から喘息。造影剤の影響が終わり、おそらく月経前喘息に入ったんだと思うけれど、朝から気管が絶不調。サルタノール吸入とステロイドをガンガン投入しても痰が取れない。

 今日はお仕事&その他もろもろ?として、meguさんとjinさんと一緒にお昼をしながら、障害福祉と医療に関する「※●△×$」とか「□▲¥&#」とかいったことを話してきました(文字にはできません–)。そうしているうちに、どーにかして〜と思っていた痰が、CO2となって消えていきました。やっぱりしゃべりまくるというのはいいことだ(^^) さすがに4時間話し続けると、喉の筋肉は疲れてしまいました。でも、しゃべりを残すためのリハビリは、しゃべることに限る?!

 お昼に食べた、さつまいもとかぼちゃのドリア、食べやすかったなあ。鼻腔にも誤嚥しなかったし。ミートだとミンチ肉が入っているし、アスピリン喘息のためトマトがダメなので、ミートドリアはたくさんは食べられない。今度、今日食べたドリアの作り方、研究しようかな?っていうほど難しいものじゃないハズだけど、なんせ私は料理下手。ドリアってウチで作ったことないよ。グラタンは苦手だから食べないし(穴のあいたスパゲティというのがどーも許せない私はヘン?)。

 夜はダンナと一緒に鍼灸整骨院へ。私は昨日からピルのプラセボ期に入っているので、普段より関節痛が強いめにでています。そのためか、いつも通り微弱電流を流してもらうと、関節痛が倍増しちゃいました(–) 微弱電流ってリウマチなどの治療にも使われているので、この痛みは良くない痛みじゃないと思いますが、念のため、明日のリハで聞いてみよう。

 フツーの人ならほとんど感じない微弱電流なのに、私は胃腸やら子宮やら関節やらが微弱電流に合わせて踊ります。鍼灸整骨院の先生が「そこまで感じるってすごい敏感な神経してるね〜」とおっしゃられたので、「その分、運動神経がなくなっていってますから〜」ってお答えしました(^^) 微弱電流で胃が踊った後は胃痛がするけれど、その後は結構ラク。また、胃のツボにテープ式の鍼をさしてもらって1週間経ちました。それらのお陰か、この1週間は胃痛がずいぶんラクでした。鍼灸整骨院の先生曰く、私は鍼と相性の良い身体のようです。タケプロンより鍼の方が効くかもね?!

 ブログのサイドに貼り付けていた「EMO」のサーバーがダウンしちゃいました。そのため、私のブログも開きにくい状態になっちゃいました。なので一旦、取り外し。おもしろいMashupサービスだったし、私のEMOも変身し続けていたのになあ。

(11/15追記)
 「EMO」のサーバーが復帰しましたので、再度配置しています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。