ルナベルは良く分からないなあ。でも書籍でストレス解消となるかな。

 昨日から月経が始まっているけれど、昨日はどうも不正出血のような感じもしてきました。今日になってお腹の痛みがさらに増し、立てないくらい脱力がひどくなり、家の中を這うしかありませんでした。ルナベルというピルは不正出血が起こりやすいのですが、経血量にさほど変化がないこともあって、不正出血と月経の境目が良く分からない時が有ります。結局、月経痛の痛み具合で判断するしかないようです。

 月経前喘息もあまりなかったから助かったと思っていたのに、昨晩から月経喘息開始。息苦しいは歩けないわで、今日は何とか義母のお見舞いに行くのが精一杯。病院の車椅子を借りたらお尻も背中も痛くてたまらず、15分ほどで退散してしまいました。

 今日は連休中に仕上げたかった仕事をしたかったんだけど、月経痛がひどいし、脱力とだるさで崩壊寸前の脚の置き場がないし、首を上げていられる時間が少ないし、身体がヘトヘトです。明日こそは・・・と思いつつ、読んでみたかった書籍が今日届いたので、明日は本に浮気しそうな感じがしないでもない。いかんいかん。メールのお返事もたまっているのだけれど、最近、両手親指が動きにくくなってきているのと、両手指先の力がガクンと減ったので、キーボード操作がしにくくなってきました。おまけに、ポットやウォシュレットのボタンなども、押しやすいように改良しないといけません。

 ちなみに今日、通販会社から届いた本は以下の本です。

 

気管切開―外科的気道確保のすべて (集中治療医学講座)

気管切開―外科的気道確保のすべて (集中治療医学講座)

 NPPVをしながら仕事を続けるのは無理なので、できるだけNPPVの導入は先送りしたく、現在、気管切開に関する情報を集めています。神経内科と呼吸器内科との齟齬を解決できそうなキーワードが「気管切開」に対する考え方の違いだなと思い、購入してみました。神経内科の話は書かれていませんが(脳神経外科の話はあります)、呼吸器内科の情報は少し掲載されており、かつ気管切開でいくつか疑問に思っていたことの答えが得られそうな本です。それでもまだまだわからないことだらけですが。例えば発声の対処などがね。気管切開に関する患者向け情報はまだまだ少ないですね。
 
 

国をつくるという仕事

国をつくるという仕事

 私は政治家になるつもりは、もちろん全くありません。この方は前世界銀行副総裁として、貧困のない世界を夢見て、いろんなところで23年間戦ってこられた女性です。経営学のリーダー論より、実践者から学ぶ真のリーダー論の方が私は好きです。今度、じっくり読んでみたいです。

 以下はダウナー系の本です。最近、年度末地獄や本年度地獄が続いているので、久しぶりに私の好きな作家(というか大学で哲学の先生をされている方なのですが)の本を拝見して、アッパーな気分を抑えたいなあと思って買い足した本です。この方の本で、以前に読んだことがあるのは『人生を「半分」降りる』です。他の本もざっと目を通してみました。うなづけること、多々有りです(私にはね)。この先生の本は反論も多いですが、その反論への反論がまた面白いです。
 

人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ (ちくま文庫)

人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ (ちくま文庫)

 以前にも読んだことがある本です。引用が多い本です。以下の本よりも少し難しいけれど、好きな本です。

 

孤独について―生きるのが困難な人々へ (文春文庫)

孤独について―生きるのが困難な人々へ (文春文庫)

 終章の「孤独に死にたい」がとても好きです。

 

私の嫌いな10の言葉 (新潮文庫)

私の嫌いな10の言葉 (新潮文庫)

 私の嫌いな言葉も多々掲載されています(^^)

 ダウナー系の新しい本は、気分が優れない時などにぼちぼち読んでいきましょう。私の本音バクハツ度が更に増しそうですが(^^) ちなみに目標は、本音度50%に抑えることです。ムリかな。願わくばこれからも本を読むために指が動いてくれますように。ちなみに今日も息苦しくて眠れません(–) 月経喘息の影響もあるけれど。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。