政策論も教育の一環にならないのかなあ。

 またいつもの月経さんが、今日の夜にやってきました。今後もまたですか。。痛くてだるくて、先ほどまで殆ど眠ってしまいました。今ようやく起き出して、再度、薬を飲んでいます。

 今日は書きたいことはいっぱいあるのですが、その元気がありません。今日は特に一日の生活の中で、政策論について話し合える土壌がこの国の投票者には少なすぎると感じました。私もまだまだ勉強不足ですが、よいことばかり並べているマニフェストのウラを読まないと、どこの党が政権をとっても、結局は裏切られてしまいます。そして、ある1つの政策が気に入らないから他の党を支援すればいいというわけでもありません。要は、どれだけ政策をシステム化できるのか、システム化できる党なのか、そこを読み込まないといけないわけで、でも私の知り合った多くの投票者は単発の施策の好き嫌いだけで支援する党を変えたら、という話になってしまいます。

 政策論をぜひ、教育の一環としていれて欲しいなと思います。そして源泉徴収という仕組みをなくし、全国民が申告は自分でするようになって欲しいです。国民の納税意識を高めないと、この国はよくならないでしょう。手当であろうと補償であろうと、もとは税金であり、それが不足するから国民から何らかの形で徴収しようとしている。手当や補償が暫定法律化されたら、数年で消えてしまうことも多々あるわけです。それなら税なり保険なりの方式を導入した方がよいと私は現時点で考えています。

 何か変な話になりましたが、月経の出血とPEGからの出血をお供にして、レペタンを入れて眠ることにします。カマグだけじゃ排便が起こらないのも辛いです。。排便痛が今月はキツそうだなあ。おやすみなさい。支離滅裂な文章でごめんなさい。

(9/1追記)昨日、ヘルパーのTchiさんが、新しいフローリングの部屋にワックスをかけてくださいました。私もお手伝いしようと思いましたが、一往復で足元ふらふら。即、退場命令が出ました(–) ワックスの匂いもきつくなく、昨日は久しぶりに布団で眠ることができました。3時間足らずだったけれど、ぐっすり眠れました。ありがとうございました。
 

7 thoughts on “政策論も教育の一環にならないのかなあ。

  1. さとりん 返信する

    お久しぶり!!
    やっと、書き込みが出来る状態になりました!(初期化しました)

    会った後、尿管結石デビューしてしまい・・・・とっても痛い思いをしました!
    でも石が出たみたいで、マシになりました。

    肉芽が育ってるみたいで・・・そんなもん育てなくてもいいのにな〜
    私の石もダイヤモンドなら、良かったのにな〜〜〜

  2. とよこさんへ 返信する

    選挙も終わったことですし、これからは、民主党の政治の舵取りに注目したいところです。でも、一波乱も二波乱もありそうな感じがしますねー。お役人が簡単に白旗を揚げるなんて信じられませんから。
    ところで、おいらの上さんの国では、サラリーマンでも自分で所得の申告を一人一人がしなくてはならず、エクセルかなんかのソフトで計算して税務署へ申告していたそうです。そう言う環境にあったのかもしれませんが、税金に関わる金銭感覚は、敏感なような気がしました。おいらの給料袋を見て、これは何の税金だとか色々聞くのですが、いい加減に答えていたので、不甲斐ない夫と思ったのか、ネットで検索して勉強していました。その内に、タイに来てしまったのでお勉強はあきらめたようですが...
    それで、こちらの所得税は30%ですが、日本より低そうですね。ウイキで見ましたけど、累進の最高課税率でこの値ですから、タイはお金持ちに優しい国なのかもしれませんね。社会福祉政策なんてお飾りですから、貧富の差が意外に大きくて、実態を見てしまうとねー。おいらは、日本に戻りたいです。本音です。

  3. ぐりぐりももんが 返信する

    失礼いたしました。
    名前のところへ、とよこさんと入れてしまいました。最近、バテ気味なので頭も回らずご容赦下さい。夏しか無い国なので、夏バテに掛かると体力が戻ってくるまで、時間が掛かりますなー。乾季の涼しい季節まで、あと二ヶ月以上、夏が続きます。我慢、我慢です。

  4. toyokosan 返信する

    さとりん、ありがとうございます。

    お久しぶりです^^ 夏休みの大半の時間を、PC復旧に取られてしまいましたね。でも新しいPCを買わず、また長文の文字入力ができるようになって良かったです。

    私は胆石もちでした。直径1cmくらいの胆石と小さな胆石がいくつかがあって、そのうち手術で取らないといけないなあ〜とDrが話しておられました。4年くらい前のことです。でも何故か、真珠?は育たず、勝手に徐々に小さくなっていきました。今では跡形もありません。不思議です。
    ウチも身内に尿道結石をしたものがいるので、痛みで辛そうにしていたのが分かります。ウチの身内は夜中に痛みが来たので救急車で運ばれましたよ。石を防ぐためには、水を飲まないとあかんねんね〜。

    私は胆石の変わりに?、赤い真珠を育てています。今日は数珠つなぎの肉芽が1つ割れたみたいで、血が出てきていました。あとの数珠はろう孔の中に引っ込んでいます。滲出液も止まらないし、難儀ですわ。。

    さとりんのPC復帰したことですので、またこれからコメントで遊びましょう(^^)

  5. toyokosan 返信する

    ぐりぐりももんがさん、ありがとうございます。

    民主党が大勝でしたね。勝ちすぎのような気もしますが。。私も今後の舵取りを大いに見ておこうと思います。波乱だらけでしょうね。霞ヶ関の腕の見せ所?にもなりそうな気がしないでもないです。

    奥様の出身国(どちらでしたっけ?)では、自分で申告するのが普通だったのですね。やっぱりそうでないと、納税感覚は身につかないですよね。
    南米に国(または地域)の名前は忘れましたが、行政のないところがあり、住民達が自分達で税金を集め、管理し、使い道を住民みんなで話し合って決めているそうです。その話し合いが夜通し行われることもあるそうです。見に行ってみたいなあと思ったりしています。

    日本もお金持ちに優しい国ですよ。ただ、固定資産でお金持ちの方は、固定資産税が待っていますが。。お金でお金を買い、金持ちになった方にとっては、日本は良い国でしょうね。
    貧富の差が激しい国には、税制制度がちゃんと整っていない国が多いように思います。多額の納税者だけが社会サービスを受けられる国というのは、やはりおかしいですよね。日本は逆に納税できないものが社会サービスを受けられない国になっていますね。。どちらにしても、税の配分というのは、納税者だけを対象にしたわけではないと思うのですが。

    夏バテ大丈夫でしょうか。夏しかない国・・・干物になりそうで、私には住めないです(–) 乾季が早くやってくるといいですね。でもそれも短い期間ですよね。。夏バテにかからぬよう、どうぞご自愛くださいませ。

  6. toyokosan 返信する

    カトーさん、ありがとうございます。

    大丈夫ですよー。元気が似合うのはカトーさんもですよん。
    ピンクのアメ車(アメ椅子?)に乗ったカトーさんに早く会いたいです。
    お出かけ楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。