整列! 前にならえ、なおれ。

 昨日の夜、カフアシストを使って口腔手前まで上がってきた痰をなかなか出せずにいました。でも、徐々に痰が「整列! 前にならえ、なおれ。」と自分で命令を出してくれたのか、順を追って出始めてくれました、それも夜中に・・・。昨晩も結局、一睡もできませんでした。痰はまた本日新たに製造され、気管支にひっついています。一昼夜、黄色い痰を出し続けています。今晩もカフアシストを使います。

 でも今朝の熱はようやく37.0℃を下回り、他の方に身体を触られても大丈夫な状態に戻ってきました。理由は分かりませんが、熱があると身体に触れられるだけで、何故か身体に負担を感じます。また、リハDrに処方していただいた咳止めの漢方である「麻杏甘石湯」が効いてくれているようです。ただ、作用時間が短いのが難点です。1日3回以上、飲みたいです。

 ちなみに漢方薬を診療報酬から外すと、与党のなんちゃら仕分けという、一般人受けしそうなパフォーマンスで決定されましたね(拘束力はないけれど)。政策決定過程の一部を公開したということ「だけ」みれば、あのパフォーマンスは良いことだと認めるけれども、他に何の意味があったのかは甚だ疑問に思っています。漢方薬に限って言えば、私のように薬や薬品にいろんな制限がある者にとって漢方は大事だし、また、漢方を診療報酬から外すといいながら、その原材料の主要輸入先の1つである東アジアとの共同体を作るという、何とも良くわからん政策が打ち出されていることに、少し大きすぎる矛盾だけれど、やはり矛盾を感じて仕方ありません。

 話がそれてしまいました。今朝は赤鬼訪看riverさんに、マッサージをしていただきました。普段の使い痛みではなく、熱による痛みなので、身体が痛いことは痛いのですが、少し痛み方が違いました。口腔リハはいつも以上にキョーレツに痛かったです。自分でも頬が口腔側に入り込んでいるのに気が付いていたので、口腔周りの筋肉が相当固くなっているだろうなあと予測はついていましたが、あまりの痛さに涙をふくのにティッシュ1箱使いました(うそ^^)。

 その後、電動車椅子で親方ALS病院の耳鼻科へ。入院があるので、次の診察を2月上旬にしてもらいました。50日分のイソバイド=30ml×1日3回×50日=4500ml=4.5リットル・・・、比重の重い薬だから、一体何kgあるのか分かりません。とにもかくにも電動車椅子で持って帰れるわけありませんので、院外処方にしてほしいとお願いしました(この病院は原則院内処方です)。水に溶けないアデホスコーワは、錠剤に変えてもらいました。明日以降に、リハ病院の近くの薬局で処方してもらってきます。ちなみに昨日のアレルギー内科でも、次の診察を同じように2月上旬にしてもらった(耳鼻科と1日違い)のに、70日分の薬が出ていました。どういう計算方法なんだろう。年末年始のオマケかな^^

 今回の反省・・・体調の良くない時に、ワクチンは打たない方が良いですね。ワクチン打つ度に、熱が上がっていきました。眼を瞑れば、新型インフルの映像がまぶたに写ります(−−) 自分のストレス発散のためにこんなアホなブログを書いているくせに、いろんな方へのメールのお返事が滞っております。大変申し訳ございません。すでにご迷惑をおかけしている方々、心よりお詫び申し上げます。一人で仕事をしていたら、親が死のうと何があろうと仕事に穴をあけることはできません。なのに、穴をあけっぱなしです。ダメコン猿ですね。申し訳ございません。早く復活できるようにします。
 

2 thoughts on “整列! 前にならえ、なおれ。

  1. ぐりぐりももんが 返信する

    とよこさんへ、
    ワクチンは、体に抗体を持たせるために、弱毒化したウイルスを体に注射すると言う意味だと勝手に思っていますので、作用が弱くても体の調子の悪いときには、打たないほうが無難だと判断しています。
    かなり昔の話ですが、インドへ行くためにコレラのワクチンを注射してもらいました。軽い微熱が出たのを覚えています。
    強い病原であれば、ワクチンだろうが何だろうが、副作用は強いんだろうと思いました。では、

  2. toyokosan 返信する

    ぐりぐりももんがさん、ありがとうございます。

    ワクチンって抗体を注入するわけだから、抗原抗体反応で熱が出てもおかしくないですよね。私は今まで一度もワクチンを打ったことがありませんでした。打つつもりもなかったし、アレルギーが出そうな気もしていたからです。

    でも今年はそれぞれの病院で様子が違って、今まであまり行くことのなかった重症患者の多い病院に回数多く通院したので、たまたまワクチン接種日が診察日にあたり、DrやNsから「(私はワクチンの)優先患者なんだから打たないとダメ」という雰囲気が有り有りでした。

    そんな流れに乗ってしまって打ったのが間違いの元でした。重症患者を診るDrは早く打たないとダメとおっしゃるけれど、地域のDrは今日打たなくても明日もあるからとおっしゃいます。でも地域の病院は、季節性ワクチンがもうなくなっているし、新型ワクチンも優先患者よりも子供たちに接種するので忙しい状態です。なので重症患者でワクチン接種を希望する人は、病院の選択肢が難しいです。

    今になって新型ワクチンが余ってきたから誰でもどうぞ、という政策に国が切り替えました。もっと早くそうしてくれていたら、体調に合わせて接種できたのですが・・・。いずれにせよ、体調の悪い時はワクチン接種は避けないといけませんね。来年は新型ワクチンなんて打たなくてもよい状況になっていてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。