『オレ、カンケーないから』

 今日はアレルギー内科の月1回の定期診察&何度目の挑戦か分からないデュロテップMTパッチ処方への挑戦日でした。ALSとPLSの違いを説明し、(初診病院のDrは認めてくださらないと思うけれど)リハDrからは病名としてはALSだけど、症状(所見)はPLSに近いねとおっしゃっていただいていると言ったことをお話してきました。加えて、身体と呼吸がしんどくて3時間以上眠れないこと、同じ体勢でずっといることができないこと(横になり続けられない)、痛みが引かないこと、アンペック座薬は私にとっては3時間の作用・8時間の副作用であるということなどもお話してきました。

 また前回の診察時に、アスピリン喘息にも効果があるかもとオススメいただいた栄養剤「オキシーパ」は、論文等で見た結果、NO(一酸化窒素)を除去してある(魚をメインとした)栄養剤であり、敗血症や一時的な人工呼吸器装着患者の栄養補給、そして喘息患者にも効果があるとは示されているけれど、アスピリン喘息の原因物質であるプロスタグランディンについては何も触れられておらず、アスピリン喘息自体、機序が分からないためいくつかの仮説が発表されており、「オキシーパ」の機序との関連が分からない。加えて私の苦手な砂糖が入っていることや、1缶500円(食品扱いなので保険適用外)もすること、半固形なのでシリンジを扱えない私の手ではPEG注入できないことなどを伝え、「オキシーパ」は諦めることとなりました。何で私が医学論文を読んでいるんだか^^

 夏バテでぐったりしていたことや(診察待ちの間はソファーで横になっていました)、診察中に右肩が攣ったことなどから、今日は今までよりも前向きにデュロテップMTパッチの処方を検討してくださいました。しかし、慢性疼痛の方がデュロテップMTパッチ(慢性疼痛用に量を少なくしたものがあるそうです)を使っても多くの方が副作用に耐えられず止めておられること、デュロテップMTパッチは通常オピオイドローテーションの最後の方で使うものであるとのこと。そしてMSコンチンだとダメか?というご意見がありました。

 「私はデュロテップでもMSコンチンでも、痛みが止まれば何でもいいんです。ただ、慢性疼痛で医療保険に通るのはデュロテップMTパッチしかないと思い、デュロテップの処方をお願いしているのです。」とお返事したところ、『オレ、カンケーないから』とのこと。「先生は(医療保険に)関係なくても、病院に保険審査などが入りませんか?」とお聞きしてみましたが、再び『オレ、カンケーないから』とのことでした。『オレ、8/3の週はいないから、その間にリハ病院本院と初診病院のDrに意見を聞いといて。で、8/10に診察に来て。』とのことでした。結局、再来週に再度チャレンジすることになりました。

 後で院外薬局の薬剤師さんにお聞きしたところ、小さなクリニックや病院だと人数が少ないので保険審査の攻撃を受けやすいけれど、ここは大病院だからねえ、とおっしゃっておられました。ましてやアレルギー内科のDrは、実際は特定の診療科に所属していない臨床研究部長のDrなので、攻撃はされにくいんでしょうね。こんなところからも、大病院に患者が集まる理由が見えたような気がします。

 ちなみに、リハDrもアレルギー内科のDrも、ラキソベロンの錠剤はないよとおっしゃっておられました。え?見たことあるのですがとお答えしたのですが、ウチのコンピュータには登録されていないとのこと。院外薬局の薬剤師さんは、あるのはあるのですが使われるDrが少ないので、ウチも在庫は置いていないんですとのことでした。私の周囲の病院は、時代遅れ(?)なんだろうか。欲しかったなあ、ラキソベロンの錠剤。ラキソベロンは効きめが柔らかいし、カバンに入れて持ち歩けるんだけどなあ。

 そんな訳で、また3週間、他院のDrも含めたオピオイド戦争に挑んできます。もー何でもいいから、痛みを早くラクにしておくれ〜。
 

2 thoughts on “『オレ、カンケーないから』

  1. ぽんた 返信する

    しんじらんなーーい ラキソベロン扱ってないのー
    まだ あるよ〜 私なんとかできるけど そっちで処方してほしいよね

    とにかく処方箋かいてもらって 薬局で取り寄せてもらうしかないかも ファイト

  2. toyokosan 返信する

    ぽんたさん、ありがとうございます。

    処方箋をコンピュータで出される病院って、あらかじめコンピュータに登録されている薬しか出してくれないんですよね。。あと2つ、通院しているけれどまだラキソ錠剤の有無を聞いていない病院があるので、そこで尋ねてみます。ダメならコンピュータに無理やり入れてもらうか、手書きしてもらおうかな。コンピュータのお陰で、便利なようで不便になりました(–)

    オピオイド戦争と同時に、ラキソ錠剤戦争を起こそうかな^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。