ウツじゃ、ウツじゃ。自覚ウツじゃ。

 別に精神科に行ったわけではないけれど、ただいまウツ真っ盛りです(^^) 正式には、自覚ウツというべきなのかもしれません。人と話したくなるウツ(もちろん人は選びます)というのもめずらしいですが(そういう人もいらっしゃるようですね)、最近、他のことに加えてとよダンナといろいろあって、彼の発言が私を更にウツにしていってくれています。

 とよダンナが私にキツイことをいうんじゃないんだけれど、とよダンナの話す内容の順番がごちゃごちゃなため、それが外部から私を責めている声に聞こえたり、また、〜したる(してあげるの意)、あるいは、〜したってる(してあげているの意)を頻発したり、あるいは自分(私)の親のことに対して自分で責任持てと言ったり、その反論として私がどれだけとよダンナの亡義母や家族のことで走り回ったかと伝えると、それとこれとは意味がちがう、どうしてそう捉えるのかという。先述したけれど、そう捉えるようにしゃべる順番を選ばない(選べない)、何と何が議論におけるレベルとして対等なのかが分かってもらえない。

 議論なんてしてきたことない、というか、とにかく結論を先に言ってくれないから、長い話の途中で「で、結論は?」と私は聞いてしまうこともあり、機嫌を損ねてしまうとよダンナ。私もこんなこと言うのは失礼だと思うけれど、最後まで話を聞いても結局なんだったのか分からないため、聞いている時間が辛く感じる。とよダンナにいろいろ助けてもらっているのは事実だけれど、言葉の通じ合いはこれまでよりも断然難しくなってきています。

 ウチの中、ウチの外でもいろいろあるし、身体はどんどんしんどくなるし、いつまで経っても仕事のノルマがこなせないし(これが大きなプレッシャーかも)。そんなに難しい仕事じゃないのに、前へ進めない。と言っても買い物で外出する元気もないから、ウチに引きこもって、ベッドでボーとしているか眠ってばかりいる(薬のお陰でとにかく眠たい)。

 今週もウツでスタートか。結局。今夜も、車椅子に座りながらPC机の前で丸くなりながら、3時間が経ってしまいました。何してるんだろうね、私。