ずつうが、いたい。しんぞうが、しんぞい(?)

 魔の午前4〜6時を向かえ、本日も心肺機能の苦しさで目が覚めました。とりあえずPCの電源を、私にしては珍しい2日振りにONにし、溜まっていたメールを受信しました。メールチェックだけはケータイからしていたので、どんなメールが送られてきているかは分かっておりました。

 皆様からいただいているメールのお返事がまだできておらず、申し訳ございません。心肺機能が安定しない、かつ首の筋力がかなり落ちてしまったため、PC操作を続けるのが辛くなってきています。

 某お姉様、いろいろとご迷惑をお掛けしました。今週の火曜日にお会いした方から、人生相談のようなものをいただきましたので、それを***化いたします。

 マリオさんのブログにコメントさせていただいたのですが、先日、BiPAPの回路(ジャバラ)を訪看river婦長に新しいものに変えていただいてから、送られてくる空気が空気銃のようにボコッと固まりになってしまいました。

 そのため、ゆっくりと息を吸えず、呼吸の速度も速くなってしまっており、BiPAPをつけると逆に呼吸が苦しくなる時が出てきました。回路を変えるだけでこんなことが起こるのかな?と、ただいま原因を模索中です。

 いずれにせよ、心肺機能の両方からみて換気量やスピードの調整などが必要になってきたので、またレスピロさんと相談してみようと思います。

 心臓の薬を使用すると、どうしても激しい頭痛に襲われるため、減薬して使用するなどの方法を考えてみます。薬を使用すると、自分の心臓が、本当はこんなに動くんだと実感できます。

 リハ病院(クリニック)へ通院する時に、病院の送迎サービスを利用させてもらっているのですが、その運転手さんに狭心症(この方は心筋梗塞)の“先輩”がいらっしゃいます。薬のことを話していて、やはり、あの薬は飲めん、あのテープは使えん、と仰っておられ、今はニトロだけで対処されておられるとのことでした。そりゃ、こんなにも激しい頭痛すると、運転なんて出来ませんよね。。

 運転手さんのご自宅にてんこ盛りのニトロがあるそうです。少し分けてください〜。リハDrも循環器内科のDrも、ニトロでごまかし続けるのはダメというご意見をお持ちで、先日、リハDrに頼み込んでも、処方してくださったのは3週間分で20錠だけでした。全然足りませーん。

 とりあえず、生きていますという証?代わりの更新でした。失礼致しました。「小心(臓)者」とよこ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。