お雑煮 ≒ お餅の味噌汁がけ

 昨年末に、私の「お姉様」(ゲイじゃないよ)より、前日に自治会で搗かれたお餅を、とよダンナの分は丸く整形されたものを、私にはお姉様の「ご主人様」(執事じゃないよ)が、適宜、細かく砕いてくださったものをご持参くださいました。

 実は一昨年にもいただいたのですが、「お雑煮」の中に入れると、折角、砕いていただいたお餅が“みんな大集合”となってしまいました。これではのびるお餅となってしまい、いただくことが難しくなりました(餅好きとしては、もちろん食べたけれど^^)。そこで今年は、予めお椀に砕いたお餅を入れておき、そこにお味噌汁(ウチは白味噌)をかけるという方式を取ってみました。

 そうすると、砕いたお餅の形が残ったまま、のびずにある程度の硬さを残したお餅になりました。イメージでいうと、“もち麩”のような感じかな。これなら、喉に引っかかることなく、食べやすくなりました。

 翌日は、冷凍しておいた、父親の田舎からもらったお餅で試してみました。さすが冷凍、細かく砕くことは出来ません。でもまたお雑「煮」の中に入れてしまうと、軟らかく、のびたお餅になってしまいます。

 そこで水を張ったお椀にお餅を入れて、1分ほどレンジで温め、取り出してみました。まだ硬いですが、表面が切りやすくなっていたので、全体を(私なりの)一口サイズに切ることができました。そして先程と同様に、味噌汁をかけてみると、ちょうどいい柔らかさ、かつお餅も溶けていない状態となり、とても食べやすくなりました。

 凄い発見だ(とよ猿ひとりで思っているだけか)。これでノーベル物理学賞でももらえないかな? え、ムリって? 素粒子よりも、凄い発見だよ、私に取っては^^ あ、化学賞を狙えばいいか?!

 身体の方は、首の痛みが続いていますが、首の筋力保持が難しくなってきているので、整形外科用の頚椎カラーを巻いています。マフラー代わりにちょうどいいかも^^

 左腕も相変わらず痛みが強く、左手は、親指と人差し指しか使えません。頭痛が酷いのですが、モルヒネは頭痛には効かないので、セルシンパキシルデパスなどを総動員して、少しでも痛みが和らぐようにしています。今日から始まる整骨院さんに、早速出かけてきます。

 キーボードを打つのに一苦労です。お年賀状の送付もまだロクに出来ておらず、寒中お見舞いになりそうな気配がしてきました・・・。年賀状を購入しているので、それだけは避けないと(–)

 それでは、仕事始めのみなさまも、あと1日お休みのみなさまも、今年が良い年になりますように。私は大阪府民として、妄想都市ないしは暴走都市大阪の行方を見させていただくことに致します。