正確には、ゲッケーを止めます(とめます)と書くべきですが、私の気持ち、そして身体状態から見ると、「やめます」という表現がピッタリです。子宮内膜症の治療としては決してダメではない(でも良くはない)と思われる選択肢ですが、子宮筋腫は大きくなる可能性があります。それでも、やめます。

 本日、3ヶ月毎の産婦人科の診察に出かけてまいりました。1時間30分の待ち時間、車椅子で座位を続けるのがしんどくて、患者さんが減った頃に、ソファーで寝転びました。産婦人科の待合室は妊婦さんだけの場合もありますが、家族・親族を伴ってお越しになる方が増えてきているので、1患者さんにつき4人・5人とソファーにお座りになることが多々あります。そのため、なかなかソファーが空かず、寝転ぶことが出来ません。

 今日の最後の患者となった(あえてそうされたのかも)私の診察は、前回から担当してくださっている、まるで妊婦さんのような下腹ぽっこりの若手男性Drが診察室から出てきてくださり、私が車椅子に座り直した後に、ソファーに座ってお話を聞いてくださいました。いつもは狭い診察室に車椅子で入るのに、大騒動になっていますので^^

 狭心症になったこと、排尿困難がモルヒネの効いていない時間にも続いているため自己導尿を続けていること、排尿困難が腹圧をかけられなくなってきているために起こっているのかもしれない、それがゲッケー時にも同様に見られ、上手く出血ができない状態にあることなどを伝えました。

 その結果、ピルをプラシーボ期間なしで飲み続けることによって、ゲッケーを止めることになりました。通常ピルは、3週間飲んで、1週間お休みする(ないしはプラシーボを飲む)ことにより、この1週間の間にゲッケーを起こします(もちろん排卵はありません)。私はこの1週間のプラシーボ期間をなくすことにより、ゲッケーがずっと起こらないようにします。

 他にも偽閉経にする状態でゲッケーを止めることも出来ます。けれど、以前に子宮内膜症の治療(10代からのお付き合い)で偽閉経状態にした時に、酷い副作用があったので、この方法だけは止めておきたかったのです。また、この治療法は3ヶ月治療・3ヶ月休み(またはピル)という繰り返しになります。でなければ、骨粗鬆症になってしまうからです。これらについては、以前、私のブログのどこかにもう少し詳しく書いています。

 実際の閉経まではあと10年位はあるだろうとのDrの見積もり?と、私の体力や身体状態を含めて、このような決断に至りました。これがまた身体の変調につながるのか、例えばPMSの状態がずっと続くのかなど、やってみないと分かりません。出血のしにくさが今後も増して行くのは確実だから、それなら止めてみる方が価値があるかと思い判断しました。

 どーなることやら分かりませんが、チャレンジしてみます。一番恐いのは、ピルの飲み忘れですが^^

 あ、ちなみに、昨日から「諦める」やら「やめる」やら書いておりますが、別にヤケになっている訳ではないのでご心配なくです。自分の身体を何とか維持していくための対処療法ですので。『自律神経には障害は出ない』『不随意筋には障害が出ない』というように書かれたALSに関する文献等に、そういうこともあるよと付け加えたい気持ちです。ついでに、ワセリンもやめます。こんな硬いクリーム、私の指と手の力では塗れませんわ。

 ついでのついでに、結局、池田氏の倉田市長は府知事選への出馬を諦めたとか何とかという情報がネットで流れておりますが、結局やめるんかい。また某丸山路線が復活の可能性がでてきたじゃないか。やめてくれー。・・・<10/27 AM8:00追記>ん?やっぱり出馬するという情報も流れ始めたぞ。
 

10 Comments

  1. 佐々木光世 on 2011年10月27日 at 4:01 AM

    日々、何がいいか決断していくんですね。気分が良くなる事を祈ってます。

  2. ぐりぐりももんが on 2011年10月27日 at 8:23 AM

    薬を飲むとつわりに近い症状が出るって、物の本で読みましたがどうなのでしょうか?
    男だから分かりません。
    大変でしょうが、症状が軽くなりますように。

  3. マサ on 2011年10月27日 at 6:18 PM

    とよこさん ピルでとよこさんの思う様な状態になると良いですね。
    私は、筋腫が大きく出血がほぼ毎日状態だったので子宮を摘出しました。
    その時は、悩みましたが今となっては良かったです。
    内膜症は痛みが凄いって聞きますが大丈夫ですか?
    ピルの飲み忘れのないように…

    先日とよこさんから貰った言葉、心で受け止めるのでは無く、頭で受け止める。
    その言葉で、落ち着きました。
    言葉って凄いですね、子供に向けての言葉にも気を付け様と思いました。
    私は、どうしても心で受け止めてしまう事が多く…
    よく、ノートに不安な事、困った事を書き出し
    これはこうすれば良い、これはこうしようなんて子供みたいな頭の整理の仕方をしていました。
    とよこさんみたいに頭で受け止められるようになれるんかな?
    これからは、絶対にそうでないと……おかしくなってしまう!
    又々、愚痴でごめんなさい

    ピル飲み忘れないようにして下さいね。

  4. 希望 on 2011年10月27日 at 8:53 PM

    僕にはよくわかりませんが気を付けてくださいね。楽になりますように。

    ご主人様、心配ですね、大事に至らないようにお祈りいたします。

  5. タケコ on 2011年10月29日 at 11:48 PM

    toyokosan

    こんにちは(*^_^*)
    いつもこちらにはコメントいただいているのに、なかなかコメント出来ずにごめんなさい<(_ _)>
    今は自分の身体のことでいっぱいいっぱいで、気のきいたコメントも出来ず恥ずかしいです。
    みんな頑張っているのだから、わたしも頑張ります。
    どうかお身体ご自愛くださいね。

  6. toyokosan on 2011年10月30日 at 4:54 AM

    佐々木さん、ありがとうございます。お返事遅くなって申し訳ございません。

    私の病気は対処療法しかできないから、日々、身体がラクになる方向を探しております。
    私はALSという病気を持っていますが、「非典型的」な症状なので、Drも本当にそうなのかと未だに最終決断に迷っておられます。保健所に提出する特定疾患(難病患者になった届)の条件は満たしておりますが、本当なら今頃は寝込んでいてもおかしくないはずなのに、進行の仕方がヘンなのです。人間自体が変態だから仕方ないですが^^

    fbを拝見していて、「家族写真家***の妻、佐々木光世」さんという書き方がもったいないな〜と感じています。光世さん自身も、家族写真家編集者(ないしはエディター)として職業名をもたれたらと、勝手ながら思っております。あんなにも素敵なお仕事をなさっているのに、「妻」でいるのがもったいないです^^
    不躾な意見で申し訳ございません。また作品(商品)を拝見させていただけるのを楽しみにしております。

  7. toyokosan on 2011年10月30日 at 5:03 AM

    ぐりりん社長、コメントをありがとうございました。とうとう社長の工場まで洪水が押し寄せてきたのですね。
    日本から被害が及ばないことを願っていたのですが、まだご自宅が被害に遭われていないことだけでも気持ち的に救われております。従業員の皆様も、どうぞ無事でありますように。そして工場も大きな被害を受けませんように。

    ピル(偽妊娠薬)の飲み始めは、ものすごく吐き気がしました。私は子どもを生んだことがありませんが、これが「つわり」の症状なんだろうなと感じました。最初の3週間を飲み終わる頃に、ようやく吐き気はなくなりました。今は何の症状もなく、飲み続けることが出来ます。
    日本では医療保険適応となるピルが、私の飲んでいる「ルナベル」というものしかありません。それもここ1年でようやく保険適応できたものです。それまでは月3000円ほど出して(自由診療扱いになるからもっと高い病院もあります)、他のピルを飲んでいました。別に避妊が目的ではなく、あくまでも病気の治療が目的なのですが、それでも保険が効きませんでした。
    保険の効くルナベルよりも、保険の効かない他のピルの方が出来?が良いのですが、保険が効くということにやはり魅力を感じ、ルナベルを選んでいます。

    私たち女性からすると、男性にしか罹らない前立腺関係の病気が分かりにくいのと同様、男性からするとピルなどが分かりにくいのは当然かと思います。男性も女性も、お互いの病気が分かるようになればいいですね。そろそろ私は、前立腺関係の病気の知識を持っておこうと思います。ダンナが私より一回り上なので^^

  8. toyokosan on 2011年10月30日 at 5:11 AM

    マサさん、ありがとうございます。お返事遅くなって申し訳ございません。

    >内膜症は痛みが凄い
    初潮の時から痛みが凄かったです。その時はまだ始まったばかりで病気ではないと思っていたのですが、痛みで失神するようになったりしたので、20代になってから病院に行きました。
    私の持っている筋腫は腸側にできているので、子宮側に出来ている方と比べ、症状はありません。でも大きくなるとやはり腸に影響がでたりするので、子宮摘出になるようです。ピルは筋腫を大きくする難点があるので、時々、内診を受けないといけません。あれが辛い。内診自体イヤだけれど、脚がクローヌスでまくりになるので、看護師さん4人ぐらいで抑えていただかないといけなくなります。それがイヤなんです。。

    >私は、どうしても心で受け止めてしまう事が多く…
    >よく、ノートに不安な事、困った事を書き出し
    >これはこうすれば良い、これはこうしようなんて子供みたいな頭の整理の仕方をしていました。

    この方法を続けていると、頭で受け止められるようになりますよ。紙の上で客観的に整理できるようになると、頭でもそれが出来るようになります。ぜひ、今の練習(?)を続けてください。心ではなく頭で受け止められるようになると、心が軽くなりますよ^^

    私は昨日(金曜日)の神経内科病院の診察で、骨密度を測ってもらった時に分かる体脂肪率を見て、久しぶりに心で受け止めてしまいました。現在、専ら1人うつ病状態です^^ あんな数字、ありえてしまうんだ・・・。詳細はまたブログに書きますね。

  9. toyokosan on 2011年10月30日 at 5:17 AM

    希望さん、ありがとうございます。

    ぐりりん社長へのお返事にもお書きしましたが、女性特有・男性特有の病気があるので、異性には分からないことがありますよね。

    とよダンナは私より一回り年上なので(干支は同い年^^)、そろそろ前立腺関係の症状が出始めてきました。ドラッグストアで「ハルンケア」などを買い始めているので、私が自己導尿の指導および材料をもらいに出かけている泌尿器科で診察を受けてみたら?と勧めています。

    いつまでも市販薬で何とかしようとせずに、前立腺関係にもいろんな症状があるんだから、それに合った薬をもらう方がいいよと伝えています。とよダンナはハルンケアを見ながら「漢方だから効きそうだし」などと言っておりますが、漢方にも副作用があるし、特に日本の漢方には「甘草(かんぞう」つまり砂糖のような漢方でいう甘味料がたくさん入っているので、漢方の飲みすぎも危険です。病院に引きずってでも連れて行こうと思います。倒れられたら困りますので^^

  10. toyokosan on 2011年10月30日 at 5:31 AM

    タケコさん、しんどい時にコメントをありがとうございます。

    気の利いたコメントなんて仰らないでくださいな^^ 身体が大変な時に書き込みしてくださるだけでうれしいので。決してムリはしないでくださいね。

    私は相変わらず良く分からないALS患者と、神経内科のDrから3ヶ月毎の診察ごとに言われております。2年ぶりに筋肉CTを取ってもらいましたが、脚、特に太ももの筋肉が減少しており、かつ、カスカスになりつつあります。これが私のADLを落としている原因だね、とDrが仰っておられました。
    おまけに体脂肪率が・・・。お腹周りが2周り大きくなっているのをマトモに眼にして、筋肉が落ちてきているのも体脂肪が増えている原因ではあるけれど、やっぱりお腹が太ったのが大きな原因だね、と伝えられました。

    整骨院の院長は、姿勢が悪くなってきている分、脂肪で支えようとしているからだよ、と仰ってくださいました。その証拠に、ウチのダンナのお腹が、とてもスリムになりました。
    姿勢を良くしたくても、出来ないのが現状なので、辛いです。歩く練習をしても、筋肉で歩かず、骨で歩くことになるので、骨折と隣り合わせです。何をしようとしても危険と隣り合わせのこの病気、ほんとイヤですね。

    胃ろう、便利でしょ^^ 私は専ら、メニエールの水薬を入れるのに使っています。同時に水も入れるので、脱水防止にもなるからほんと便利です。栄養剤によってはアレルギーが出やすいので、気をつけてくださいね。私は砂糖がダメなので、砂糖が入っていない、エレンタールを使っています。クローン病の方が使う栄養剤なので、繊維質が入っていないのが残念なのですが。といっても、今は、エレンタールは中止しています。体脂肪率が凄く上がってしまったので(–) 運動機能が悪くなると、人間、脂肪でそれを補おうとするんですよね。賢いというか、辛いと言うか・・・。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)