今日は講習会の仕事でした。受講生の半数はマスクをつけておられたかな。私としては、感染よりも3時間+αの時間しゃべり続ける肺活量が続くかどうかの方が心配でした。でも仕事となるとアドレナリンが豊富になり、自律神経が運動神経に変わる(?)とよ猿は、講習中はちゃんと声がでました。「一時的に自律神経を運動神経に変えることが可能な女性ALS患者Tの事例について」とか言うタイトルで、どこかで発表してこようかな(うそ)。

 話は変わりますが、こばりんFAXありがとうございます。こばりんのFAXにも書かれていたことでもあり、昨日コメントいただいたマサさんへのお返事に私も書きましたが、私もマスコミのマスク報道に辟易しています(マスコミがマスクしたらいいのにと思う)。あと、日本人のマスク感覚にもちょっと疑問が。とはいえ、マスクがないと困るという方もいらっしゃいますよね。余談が続きましたが、こばりんから、キッチンペーパーでマスクを作るという方法を教えていただきました。知的財産権流用ごめんです(–) マスコミで報道されていた方法なので、ブログに掲載してもいいかな・・・ということでお許しを。

 作り方は簡単です。キッチンペーパーの長辺を横置きにし、ジャバラ折りにします。そして短辺の両端に、輪ゴムをホッチキスで長辺と並行になるように止めます。後はその方の鼻からクチ(ないしはアゴ)の大きさに合わせて、ジャバラ折りしたキッチンペーパーを広げるだけです。これなら売り切れの心配なし?!

 キッチンペーパーの長辺の長さを変えて、子供用と大人用を作って売ろうかな、ジャバラ折りの金型なら直ぐ作ってもらえそうだし、量産できそうだし、今の時期なら高く値付けできるなあ、でも準備している間に感染が終息に向かうかもね、などと直ぐ考えてしまう商売好きのとよ猿です。といいつつ、私はマスクをすると更に息苦しくなるので、マスクなしで日常生活を送っています。

 こばりん、情報ありがとうね。お互い「インフル倒産」には気をつけましょう〜。弱小小規模事業者はつらいねえ。

(5/24追記)キッチンペーパーマスクを作られる方は、ペーパーを3枚重ねて使用してくださいませ。ぽんたさん、情報をありがとうございました。 
 

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)