ベッドとは座って寝るもんだったんだ?!

 お久しぶりです。みなさん、電車との接触事故の件でいろいろとご心配いただき、ありがとうございました。痛みを耐えつつ、へろへろしながら、依頼いただいていたレポートを書き上げ、そして某コンペに応募される方々の企画書作りの応援が終わり、地方巡業の仕事も終わりました。明日から確定申告作業に入ります。今からかー。

 このような仕事のことでブログ更新が進まなかったのが、お久しぶりになった1つの理由です。また、電車との接触事故の件で身体が痛くて、最小限の仕事以外に、書き物ができなかったのも理由の1つです(お陰様で、身体は通常の痛み?に戻ってきました。年中、身体が痛いからね。ALSの2次障害です)。でも、もう1つ、大きな理由があります。

 それは、強心薬の問題です。狭心症(冠動脈攣縮型)になり、加えて、血圧がかなり低かったため、昨年から強心薬を飲み始めました。血圧が低いのを補うためか、私はもともと脈拍が高かったのですが、それがここ1ヶ月ほど高くなりすぎることがありました。そして、2月の下旬頃、お風呂上りに脈拍が130まで上がってしまい、立っていられなくなりました。慌てて身体を拭いて服を着て、ベッドに飛び込みました。

 その次の日にちょうどアレルギー内科Drの受診があったので、相談してみました。「オレはあまり強心薬は勧めない。とりあえずしばらく、辞めてみたら?」とのことでしたので、一度、辞めてみることにしました。そのお陰か、脈拍は徐々に下がってきました。90〜100まで上がった血圧も、また低い値に戻っていきました。今まで通りの状態に戻ってきた、それで済めばよかったのですが、困ったことが起き始めました。

 まず、いつも以上に心臓が痛み出しました(呼吸筋の1つである肋間筋が硬くなっているため心臓も肺も上手く動けず、心臓も痛くなるのです)。そして、いつも呼吸筋が痛いのですが、中でも横隔膜の痛みが激しくなり、痙攣を起こすようになりました。加えて、ベッドで脚を伸ばして眠り始めると、数分後に心臓が苦しくなります。

 さらに、夜間の頻尿が始まりました。元々、夜は殆ど眠れず、眠っても中途覚醒が多かったのですが、頻尿ではありませんでした。それが、夜間に最低2回はトイレに行きたくなり始めました。

 そして、いつも睡眠中の間の身体の痛みを防止するためにアンペック座薬(モルヒネ)を使用していますが、これが2〜3時間しか効いてくれません。仕方なく、レスキューとして夜中にもう1度、アンペック座薬を挿入しないといけなくなりました。

 じゃあ、どんな体勢で眠れば身体が一番ラクなのか、いろいろ試してみました。その結果、ベッドの頭を80度ぐらいに上げ、三角座り(体育座り)をした状態で左側臥位を取るという姿勢が、一番ラクであることが分かりました。要は、膝を曲げて座った状態で、身体の左側をベッドに持たれかけさせている、という状態です。恐らく夜になると、強心薬に頼っていた血流の流れが落ち込み、脚を伸ばすとなかなか心臓まで帰ってこないようになったのでしょう。

 頻尿も、日中活動中と異なり、夜間安静状態になると身体に溜まっていた水分を直ぐに出したくなるから起こっているのでしょう。そんなこんなで、(普段から眠れないのに)更に眠れない日が続いています。お昼に自宅にいる時は日中に眠ったりしていますが、それでもやはり、膝を曲げて眠らないと眠れません。三角座りまではしなくても大丈夫ですが。。

 このまま強心薬をやめるか(やめている最中に、狭心症の発作が2回ありました)、やはり強心薬を続けるか。いずれにせよ、軽い心不全を起こしていることには間違いないでしょうから、また次のアレルギー内科の診察や、新しい病院のDrの往診時に相談します。といっても、結局は、人体実験してみるしか結果は分かりませんが^^

 あー、また横隔膜の痙攣が始まったー。痛いんだよなあ。レスキューのモルヒネ、挿してくるか。
 

4 thoughts on “ベッドとは座って寝るもんだったんだ?!

  1. ぐりぐりももんが 返信する

    とよこさんへ、

    眠れないと疲れがたまるものです。
    おからだをおいたわり下さい。
    こちらは帰国前で忙しく疲れているのか、寝室はエアコン付けっぱなし状態で寝てしまうことが多くなりました。

    さて、むかし、世界不思議発見と言う番組をみていました。
    いろいろな国のおもしろい事物を紹介してくれるんですが、その時はオランダでした。
    それで、クイズ形式で番組は進行するんですが、変わった寝方がネタになっていました。
    回答できた人に黒柳徹子さんが含まれていたかどうかは、覚えていませんが、まさに答えは”座って寝る”でした。
    アムステルダムは水上都市で船上生活者も多いのですよ。押入れのような狭いベッドで座って寝ていたと言うことでした。
    でも、現在のオランダ人は体格が良くて、2m近い身長の人はざらですから、座って寝ていたにせよ場所をとったんじゃないでしょうかね。

    そんな昔の日本のことを思い出してしまいました。

  2. toyokosan 返信する

    ぐりりん社長、帰国準備でお疲れのところ、ありがとうございます。私のご心配までいただき、申し訳ございません。

    世界不思議発見、ありましたね。今も放送されているのかどうか分かりませんが(テレビを殆ど見ないので)。

    アムステルダムに船上生活者が多いとは知らなかったです。それなら、座って寝る方が場所をとりませんよね。座って眠る方が三半規管が働きやすく、船の揺れをあまり感じずに済むのかな?と、メニエール病を持つ私は、そんなことも思ってしまいました。

    私の方は、痛みを我慢して横になって眠ると、今度、座った時に心臓が苦しくなることが分かってきました。やはり、座りながら眠る方が良いようです。適宜、脚を崩したりしながらも、心臓が脚の上に来るスタイルで眠ろうと思います。アムステルダムに行って、眠り方を習ってきたいです???

    帰国後の会社生活、うまく寄生しながら「有効活用」なさってくださいね。

  3. tanida 返信する

    私は慣れない仕事ですごく疲れやすくなりました。土曜が休みになったのですが、だらだらと寝るだけで1日が過ぎます。肩こりがひどくいらいらすることが増えました。toyokosanのことを思えばと思いますが、やはりしんどいものはがまんが困難です。月曜は余った?野菜がすこし手に入るようになりました。いつか近いうちに仕事帰りにでもお渡しできればおもっています。

  4. toyokosan 返信する

    tanidaさん、コメントありがとうございます。

    仕事の内容が変わられたのですね。慣れない仕事は疲れますよね。私でなくても、誰だって疲れる・痛いなどは取り除いて欲しい苦しみですよ。そして、Drにも分かってもらえない苦しみです。

    とにかく血行を良くするために、会社から帰った後すぐにでも、足湯をしてみる、眠っている時に肩を温める小さな半纏みたいなものを着る、レッグウォーマー(緩めのもの)をつけて寝るなど、試してみてください。後は整体のできる整骨院に通ってみるなどもいいかもしれません。姿勢が崩れているかもしれませんから、ぜひ定期的に直してもらってください。

    野菜のこと、ありがとうございます。どうぞ無理しないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。