オンナは辛い。

 ご無沙汰してしまいました。手指を人差し指から小指まで引っ付けようとしても、小指と薬指が引っ付いてくれず、キーボード入力が辛くなっております。キーボードのホームポジションに指が置けないので、ブラインドタッチをしても誤字脱字だらけになり、イヤになってきています。

 5月に入り、GW後半は、ピルを飲む間隔を縮めて、ピルを飲まない日を作り、身体がどうすればピル頼みにならないかを実験しておりました。お陰様で、今週火曜・水曜とピルを抜いたところ、本日、ゲッケーさんがやってきました。いつもより量が多く、以前よりは血塊が減りました。これを機会にプラシーボ期間を作って、正常なピルの飲み方に変えていこうと思います。子宮内膜が肥厚すると、またややこしいことになるからね(ガン等の可能性も)。

 身体が動きにくくなり、かつ、PMSとゲッケー時期は脱力が強くなり、転倒が多くなるため(前歯も折ってしまったしねえ)、ゲッケーを無くしたい一心で産婦人科の先生と相談しながらここまで進めてきましたが、人間のホルモンというのは、ちょっとしたことで身体に大きな変化を与えるんだと改めて感じました。

 他にもホルモンの一種であるステロイドを飲んでいるので、いずれは抜いていきたいと思っています。ただ、喘息の吸入薬を吸う力がもうないので、「ゾレア」皮下注が効いてくれることに期待したいです。個人的には私にはあまり向いていないだろうなと思っているのですが。普通の食物アレルギーなどではないからなあ、私の持つアレルギーは。

 それではまた、入力対策を考えてブログの頻度をアップできるようにします。膝下、肘下の進行が急に進んで困っております(–) やっぱり「進行性変態病」患者は、変態にしか与えられない進行の仕方なんですなあ。