「ジゴキシン」、副作用でアウト・・・かな。

 前回のブログで、「ジゴキシン」の実験をしますと書きつつ、実験は中止となりました。その後、たった数日で初期段階の副作用である吐き気と嘔吐に見舞われるようになり、何も食べたくない、胃ろうから入れても吐き気がするようになってしまいました。

 ジゴキシン自体でも副作用が出ます。でも私の場合、以下の引用の通り、利尿剤であるフロセミド(ラシックス)を併用していたのが良くなかったようです。ちなみに以下の引用にある、カリウム保持性利尿薬は服用していませんでした。

ジゴシン(一般名ジゴキシン;強心薬)は、心拍数を下げ、また心臓をしっかり収縮させる作用を持つため、心不全の治療薬として用いられます。

しかしこの薬剤は、治療域と中毒域の間隔が非常に狭く、また併用薬の影響も受けやすいので、注意が必要です。病院によってはジゴキシン血中濃度を測定、解析する事により、薬剤師が処方計画に参加している所もあります。

ジギタリス中毒で最も怖いのは、危険な不整脈です。このほか 悪心、嘔吐が現われることもありますが、これらは中毒域に達していることを知らせる指標になるという意味では、都合のいい中毒症状かもしれません。

これらの中毒は、血清のカリウム値が低下した時に起きやすいので、電解質のバランスを崩しやすい下痢や嘔吐が続く状態には気を付けたほうがいいと思います。

また、うっ血を取り心臓の負担を軽くするために、利尿剤も処方されていますが、ラシックス(一般名 フロセミド;ループ利尿薬)はカリウムを排泄するので注意が必要です。この処方の場合は、アルダクトンA(一般名 スピロノラクトンカリウム保持性利尿薬)を併用することにより、カリウムの排泄を防いでいると思います。

http://www.jade.dti.ne.jp/~ma-hata/18_digokisin.htm より(一部削除)

 ALSのために脚の筋肉が減っている私は、脚の浮腫みが酷く、フロセミドなしでは浮腫みと浮腫みから来る脚の痛みが止まりません。

 ジゴキシンとフロセミド、どちらを優先するかと考えた場合、今現在の段階ではやはりフロセミドを優先せざるを得ません。他の利尿剤の件は、また次の往診の時にDrに相談します。

 なので、ジゴキシンは一旦中止し、今もジゴキシンの効用が切れた時に飲んでいる、効き目の弱い強心剤であるカルグートのみを服用することにしました(結局、元に戻ったということだなあ)。

 薬っていろんな意味で難しいですね。先日、ALSの薬が出来る可能性がニュースになりました。でも私は、期待していません。この国で、私達の元に薬がやってくるのに何年掛かることか。ましてや、まだ基礎研究段階ですから。そのうち、できるようになればいいんじゃない、という程度に思っています。今後の患者さんのためにね。

 ALSもそうだけれど、筋ジス(特にディシェンヌ型)を治せる薬を早く作ってよ。ゲノム研究がもっと進んで欲しいですね。ゲノム研究が始まってから、もう何年経っているのやら・・・。