草食系筋肉と肉食系筋肉(とよ語)

 今日は友人+αのこばりんが、とよ猿の住む街までバナナを持って会いに来てくれました(こう書くと、ほんま私は猿だなあ)。近くのファミレスでお昼を食べながらいろんなことをしゃべっているうちに、周りのお客さんは夕食を食べている。一体、何時間粘ったのかなあ(^^)

 いろんな話の中の1つが、草食系男子と肉食系女子の話でした。こばりんの友人に肉食系女子がいらっしゃり、その肉食ぶりを聞いていて、なんか私の呼吸筋も草食系筋肉の時と肉食系筋肉みたいやわ〜などと話していました(注:もちろん医学用語では有りません。とよ語です)。日中の私の呼吸筋は肉食系筋肉。狩りをしています。でも朝・晩の呼吸筋は草食系筋肉。ひっそりと息をしています。

 そんなアホな話(いや結構マジメな話なんだけど)をしつつ、こばりんも私も疑問に思っている、医療や福祉(大阪の福祉の特徴なども含め)、NPOや市民度などについて話したりしてきました。職業(ないしは資格・肩書)ではなく、職能が評価(自己評価・他者評価)の対象となる社会になってほしいね。

 こばりん、さっそくメールをありがとうございました。JR情報、良く分かりました。まずは某難波駅から克服していきます。その時は、空いている某CATでお茶しようね。某ゼミで強制された時は拒否したスカイプも、今なら使ってみたいという気持ちになっているので、また調べてみます。ヘッドセットの使い心地もまた連絡しますね。バナナだけでなく、ヘッドセットのお土産もありがとうございました。

 肉食系筋肉だった私の呼吸筋は、夕食後(早速、いただいたバナナをヨーグルトに入れて食べたよん)、すっかり草食系筋肉に変わってしまいました。ひっそりと息をしながら、いつの間にやら座椅子で爆睡・・・気付いたら午前0時を回ってました(^^) 

 今日は遠いところ、わざわざ私の住む街で楽しい時間を過ごさせてもらえて感謝です。また会おうね。そしてまた一緒にお仕事しようね。ありがとうございました。
 

2 thoughts on “草食系筋肉と肉食系筋肉(とよ語)

  1. megu 返信する

    toyoko先生、こんばんは。
    いつもブログ読ませてもらっています。
    とにかくお身体大事にしてくださいね。

    先生のお書きになられた、

    「職業(ないしは資格・肩書)ではなく、職能が評価(自己評価・他者評価)の対象となる社会になってほしいね。」

    の部分に深く共感してしまいました。

    これからも、私も微力ながら頑張りますが、
    是非、公的に発言権のあるtoyoko先生のお立場で、
    社会に提言していただきたく思います。

  2. toyokosan 返信する

    meguさん、ありがとうございます。

    ブログ読んでくださってありがとうございます。
    私もmeguさんのブログ、読ませていただいています(^^)

    >「職業(ないしは資格・肩書)ではなく、職能が評価(自己評価・他者評価)の対象となる社会になってほしいね。」
     ↓
    本当にそう願います。特に非営利は、職能で評価するという発想が、資格に担保されている分、遅れていますね。
    公的発言権があっても、なんせ「1対多」の関係だから、なかなか私の伝えたいことが非営利の世界には伝わりません。
    本音は直ぐ伝わるんだけど。で、墓穴を掘る(^^)

    やっぱり、職業より職能だ、ということを示していくには、
    より多くの市民に実践(体験や報告なども含む)を通して伝えていくのが
    今のところベストだと思います。
    実践に勝るものはナシですから。また、市民の中には、現在の福祉に対して
    疑問を持っている方が少なからずいらっしゃいますから。

    身体をずいぶん老化してきましたが、私もできる限り「新しい気付き」を行政に、
    そして非営利活動者に伝えて行きたいと思います。特に、既存の組織ではなく、新規組織にね。
    新しい発想をビルトしながら、現在の社会にマッチしなくなった既存組織の
    スクラップ&ビルドが必要かなと思っています。

    また一緒にぼちぼちがんばりましょう〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。