笑顔でグサグサ言うオンナ。

 お隣の県の日本海に近いところに、今日は仕事で来ています。今日は夜のアドバイス兼社員研修の仕事でした。私はケーキやパン関係のお店のアドバイス等をさせていただく機会がよくあり、今日もその業種でした。店舗に入った瞬間、凍りついたような店員さんと出会いました。

 そこで今日の研修では、社長を含め「このお店で何が学べるか、何を学びたいか」ということを皆さんに紙に書き出していただき、それぞれの意見について私からツッコミを入れてきました。そして「企業でも家庭でも、いい組織というのは意見を言える組織であり、意見を言えることやその場を担保されている組織であり、意見をぶつけあうことと人格を責めることとは異なるということが分かっている組織である」といった旨を伝えてきました。

 人間、自分の意見が言えないということほど悲しいことはないと私は思っています。意見に良い悪いはありません。必ずしも自分の意見がすべて反映されるということではないけれど、自分の意見が検討のテーブルに乗ることに意義があると思っています。本日お会いした社長が、最後に、これからは月1回、意見が言える社員会議を開くことにするとおっしゃって下さいました。良かったです。ぜひ実現させて下さいね、社長さま。

 話は変わりますが、私自身のことについて、ここ最近、同じようなご感想を事業所さんからお聞きしています。先月は「笑顔でプレッシャーをかけてきますねえ」「他のコンサルの方の意見なら聞き流してしまうけれど、あなたのプレッシャーはある意味恐くて聞き流せない」とある店長さんがおっしゃっておられました。今日の研修の後も「グサグサきましたわ〜」と社長がおっしゃるので、「私は別名、バズーカ砲と言われておりますので」とお答えしました。どんなオンナなんでしょうね、私は^^

 先程、とよダンナがホテルに到着しました。疲れてすぐに眠ってしまいましたけれど。。明日、私の好きな公園にだけよって、大阪に帰ります。

 私もシャワーを浴びて眠ることにします。BiPAPなしに夜中を過ごすのは久しぶりです。ビジネスホテルの布団も結構重たいなあ〜。今度からは布団持参で出張にいかないと?!
 

4 thoughts on “笑顔でグサグサ言うオンナ。

  1. ぐりりん 返信する

    布団持参は、ちょっと厳しいでしょうねー。
    一方、評論家の田原総一郎は、神経質らしくトイレの便座が合わないと、用を足せないので、出張の際は、愛用の便座持参だと、文春で読んだことがあります。(顔つき見りゃ分かる。)
    この話、記憶がはっきり残っていて忘れられません。
    でも、ネットで検索して引っかからないのです。
    どなたかご存知でしょうか。
    正直、便座ごときに拘泥される人が、国の政治をまともに評論できるとは、考えておりませんのです。

  2. nagomi 返信する

    ふふふ(^^)
    スマイル BOMB とでも名付けましょうか。
    最強兵器ですね。頼りにしてます。

  3. toyokosan 返信する

    ぐりりんさん、ありがとうございます。

    布団持参は厳しいですよね〜。ホンネはベッドごと移動したいのですが^^ 布団は重いわ、マットレスは硬いわで、身体が痛くて昨日はほとんど眠れませんでした。

    旬が過ぎた(失礼)田原総一郎さん、そんなに神経質だったのですね。秘書さんがたくさんいらっしゃるし、TV局のスタッフも使いたい放題でしょうから、便座持参というスゴ技が可能なのでしょうね。
    便座で神経質になるようじゃ、政治家(現状は政治屋ですね)にはなれませんね。だから評論家のままでいらっしゃるのでしょう。
    確かにネットでこの話題が出てこないですね。文春好きの方に聞いてみます。

  4. toyokosan 返信する

    nagomiさん、お仕事お疲れさまです。

    笑顔爆弾、ですね。
    本人はとても大人しく、フツーの発言しかしていないつもりなのですが^^
    そういえばOさんも、私は言いたいこと言ってくれるからと某組合の担当をお願いしたい、とおっしゃっておられました。私ごときの発言で動いてくれる某組合じゃないのになあ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。