アドレナリンがまだ脳内に残っていたようです。

 昨晩は今日の仕事に影響しないように、安定剤の「セルシン」も狭心症予防薬の「シグマート」も飲まずに眠りました。なのに、夜中に胸痛発作が(–) 結局、ニトロを服用して胸痛を抑えました。何のために「シグマート」を避けたのやら。

 今日は久しぶりの講習会の仕事でした。2.5時間の講座に対し、現場の解読などに相当時間がかかっているので、その10倍ぐらいは準備時間に使ったと思います。私は講習会の準備時間として、何度も行っている同じ講座を除き、普通は講座時間の2倍から多くても5倍ぐらい使います。でも今回は複雑でした。今日の講座内で始めて知ったこともありました。

 とはいえ、準備時間が長かったためか、現場に行っても新参者という感覚がなく、自分なりにすぐに溶け込むことが出来ました。アドレナリンがたくさん出てくれました。結局は、あれもこれも話して欲しいと言う希望があったため、1つのテーマだけで終えることが出来ませんでしたが、まあ、そう何度も同じところから研修会の仕事は来ないでしょうから、それはそれでよかったのではと思っております。

 他の講座(他の講師の方)の案内も、私の講座内で行われていました。同じ診断士でも、私は現場ベタベタ、他の方は理論ガツガツなど、いろんな方がいらっしゃいます。理論ガツガツのセンセイの方が報酬面などの待遇もいいので、よろしいなあと思いつつ、報酬は低いけれど私はやっぱり現場ベタベタが好きです。だから儲からないんだけれど^^

 今日は右手がいつもより動いてくれて、ほんの少しだけですが、ホワイトボードに字を書くことができました。でも只今、しっぺ返しに遭っております。明日のリハで、小悪魔セラピストさん(♀)に、右肩をほぐしていただこうっと。

 ウチに帰ってきたら、来週のコンペ審査の仕事の資料がどーんと来ていました。今日の報酬より遥かに安い、労力のいる仕事ですわ。何とかしてくださいな>某知事さんへ

 それではおやすみなさい。耳の調子(メニエール病)が悪化したのか、ここのところ幻聴や耳鳴りが強くて困っております。次から次と、故障していっております。はぁ。
 

2 thoughts on “アドレナリンがまだ脳内に残っていたようです。

  1. 希望 返信する

    講習会うまくいったようで良かったですね。お疲れ様でした。
    診断士というのは中小企業診断士のことですか?
    体調不良の中、仕事はいっぱいあるようですね。
    お体を大事にしながら頑張ってくださいね。

  2. toyokosan 返信する

    希望さん、ありがとうございます。

    大勢の方の前での講演と違い、少人数での研修だったので、参加者の方と双方向で話ができました。準備など手間隙はかかりますが、こういう一体感が私はとても好きです。

    診断士=中小企業診断士です。私が診断士の資格を取得したのはもう10年以上前で、そのころの方が今より試験が遥かに簡単でした。今の試験制度では、合格する自信は全くありません^^
    昨日の講習会で案内されていたのは他の診断士の方の講演で、私にはできそうもない、マクロな内容の講演会案内でした。100人くらい収容だったかな?

    私の仕事は、元気な頃と比べて激減しました。もともと3年間ほど行政機関にいたことから、行政独特の「阿吽」の呼吸が分かるので、行政の仕事が大半でした。でも、大阪府の仕事は某知事に代わってから、私がやってきた仕事はほとんどカットされてしまいました。

    また、この病気になってから、民間企業さんからの直接の仕事はお断りしました。自分がいつ、どうなるか分からないし、障害者を嫌がる企業さんもいらっしゃいますから。加えて偶然にM&Aされていった企業さんなどもあったので、今は民間直接の仕事はほとんどしていません。

    そんなこんなで、1週間のほとんどをリハビリや通院で過ごしています。なので、とてもビンボーな診断士であります。本当はもっと仕事をしないと生活が成り立たないのですが、今の私は「衰退期」にいるような感じです。そんな思いから、報酬面はともかくとして、自分の新しいカテゴリーを作って行きたいなと考えつつ、生活するだけで疲れてしまい眠っている毎日です(–)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。