プレゼンなし、だって。

 先日、ブログに書かせていただいた某行政機関への提案書についてですが、結局、私達の申し込んだ公募テーマの中の1つである事業は、プレゼンなし、書類審査だけで採択が決定されることになりました。私自身はプレゼンで考えを述べる機会が欲しかったし、質疑応答を受けてどれだけ私達の考えが理解されているのかを知りたかったのですが、それが叶いませんでした。

 書類自体の出来が個人的な感覚では60%位なので(ギリギリに書くのが悪いのですが)、書類のみで審査員や事務局の考えがはっきり分かって、逆にその方が良いのかもしれません。

 昨晩からメニエールの発作が続いています。今日の整骨院で、頭などを調整していただき、バランス感覚は随分戻ってきましたが、まだ少しめまいが残っています。こんな大きな発作は久しぶりだなあ。これはきっと、ちゃんと「イソバイド」(メニエールの水薬)を飲めよ、という天のお告げ?でしょうね。こういう時に、胃ろうは便利だなあ〜。

 入浴後に体力切れでウトウトしてしまい、また起き出してきたので、再度、眠ります。魔の時間帯が近づいてきて、先程から咳が止まらなくなっているから、眠れるかな?!
 

4 thoughts on “プレゼンなし、だって。

  1. 希望 返信する

    競争率がわかりませんから、何とも言えませんが厳しい状況のようでずね。審査が通りますように!!
    最近は心肺のほうの調整はうまくいっていますか?めまいや胸の痛みは大丈夫ですか?
    朝方は冷えますから体に気を付けてくださいね。

  2. toyokosan 返信する

    希望さん、コメントありがとうございます。

    競争率は私にも分かりません。募集している事業それぞれで予算を割り振り、書類審査で点数と順位をつけ、順位の高い方からそれぞれが申請している見積金額を合計し、予算を超えたところでストップになるでしょうから、何件採択されるか分かりません。私達の提案は見積が高い方ですから、どうなるんでしょうねえ。

    心肺機能は、徐々に心臓の方が落ち着いてきました。でもBiPAPを復活させるとまた苦しくなりそうなので、BiPAPなしに眠っています。

    めまいは一時のことを思うとずいぶん楽になりましたが、今日も続いています。久しぶりに大きなメニエール発作に見舞われてしまいました。安静にとDrは仰るけれど、安静にしててもめまいがでるんだから、安静もできません^^

    朝方、寒くなりましたね。私はエアマットに交換したこともあり、寒さがとても身にしみます。早速、電気式毛布を出してきました。快適です^^

    希望さんも風邪など引かれないよう、どうぞお気をつけくださいね。

  3. マサ 返信する

    とよこさん お久しぶりです。咳は続いているんですか?咳って体力消耗しますよね。
    子供が試験前なのに咳が続いていて、試験勉強どころではなかったです。
    一応試験は、受けたのですが・・・扁桃肥大で喉に来ると咳、タン絡みが長く続きます。
    薬が効かず何度変えて貰ったか…季節の変わり目なんでとよこさんも気を付けて下さいね。

    先日、病院に行った時何からその話になったのか忘れましたが、呼吸器の話になり
    付けた後でも、意識表示が出来るから外せるともっと付ける人が出てくるのにと私が言ったら
    先生が、勿論今の日本では無理だし、これからALSについてはもっと難しくなる
    今までは、ALSはアルツハイマーとは関係ない別物と考えていたが、最近脳の前頭葉にALSと同じ
    物質がアルツハイマーでも溜まる事が分かったと言っていてALS患者さんでは20~30%アルツハイマーを合併するのでは、と考えられているだから自分の意識なのか判断できにくいので…
    えっ~~~当初先生に頭は最後までしっかりしていますと言われ、いっそぼけた方が楽かもと真剣に言っていたのをたのを、思い出しました。
    最近精神的に落ち着いていたのに…なんか考えると鬱になります。
    ごめなさい、とよこさんはご存知だったかもしれませんね。
    自分の不安をダラダラと書き、ごめなさい。

    電気毛布すでに登場ですか?家はまだ登場しておりません、主人がしまったんで何処にあるのか…
    急に出番が来るといけないので、ベッドの横に待機させておいた方がいいかも?

  4. toyokosan 返信する

    マサさん、ありがとうございます。

    私の咳は随分と治まってくれました。けれど、メニエールのめまいがまだ続いています。咳もしんどいけれど、めまいもしんどいわ(–)

    マサさんの息子さんも咳が続いていたのですね。私は子供の頃、扁桃腺肥大(アデノイド)で扁桃腺の一部を切ってもらっています。それでも風邪を引いたら喉も痛くなります。けれど、赤く腫れることは子供の頃より随分と減りました。息子さんが早く元気になってくれますように。

    ALSとアルツハイマーが合併する・・・私は詳しく知らないのですが、ありえるような気もします。私が通っている病院のDrが、最初はALSと診断したけれど、経過観察していくうちに、パーキンソンであることが分かり、その後、アルツハイマーも発症した方がいらっしゃると仰っておられました。

    なんら病気を持っていなくてもアルツハイマーのみ発症するという方がいらっしゃるのですから、ALSとアルツハイマーの脳の関係は良く分からないけれど、ALSからアルツハイマーになったというわけじゃない(ALSを発症していなくても、もともとアルツハイマーを発症する運命にあった)、そういった方がいらっしゃっても不思議ではありませんよね。

    アルツハイマーを伴って精神的活動までやられてしまう可能性があるのなら、ALSはますます辛い病気になっていきますよね。その仕組みをDrから直接聞かれたマサさんが不安や欝っぽくなってしまう気持ちがとてもよく分かります。必要以上に不安がらないでね。せっかく落ち着いてこられたのだから、Drからお聞きになったことを心で受け止めず、頭で受け止めてくださいね。

    エアマットが想像以上に寒くて、電気毛布を投入しました。他の患者さんで、介護者が実際にエアマットで寝てみたら、こんなに寒いと思わなかったと感じ、患者さんのベッドに毛布を入れてあげたというようなお話も訪看さんからお聞きしました。

    ウレタンマットとは寒さが全然違うよー。私もビックリです。いつ必要になるか分からないから、早いうちに待機させておいた方が良いですよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。