今日は仕事で出張してきました。やはり脚が持たず、立っていられる時間が短かったです。訪問先でテーブルが揺れているのが分かるくらい、手も足も振戦しまくりでした。

 行きの電車でまた眠ってしまいました。途中でふと眼が覚めると、何やらどこかの駅に電車が止まっています。もしここが私の目的の降車駅だったら・・・と思い、幸い近かったドアから駅名を見ようとしました。でも駅名が分からない、駅名の看板が見えない。そうこうしているうちに、発車しますのアナウンスが入り、ドアが閉まりかけました。もしここが私の目的の降車駅だったら、私はまた(前回同様)乗り過ごすことになります。

 そこで、躊躇せず、閉まるドアに手と杖を突っ込み、ドアを再度開けてもらおうとしました。異変を感じた車掌さんが、ドアを開けて下さいました。そして開いたドアから、目の前に1人だけいらっしゃった降車された若い男性の方に、私は大声で『ここ、何駅ですかー』と尋ねました。私を熊とでも思われたのか(確かに服装は茶色だったが)、驚かれた男性は恐る恐る小声で「**」と教えて下さいました。

 良かったー。私の降車駅はその次だ。助かった。間に合った。ホッとした・・・。次の駅までまた10分以上かかるのですが、必死になって起きていました。ちなみに上着のポケットに、バイブと音の両方でアラーム(降車時間から遡って5分おきに5回分)をセットしたケータイを入れておいたのですが、既に3回分は鳴り終えていました。もちろん、私は気づいていません(−−)

 地方巡業は楽しいのですが、電車やバスで眠り込んでしまったり、乗り遅れてしまったりするのが恐いです。昔はそんなことなかったのになあ。来月は高速バスが待っている〜。恐ろしい。
 

6 Comments

  1. munixyu on 2010年10月21日 at 12:19 PM

    まあ、早めにきいておくほうがいいですな♪

  2. いたこ on 2010年10月21日 at 7:10 PM

     プログラマの新人のころに、よく寝過ごした。先輩達と東京で可能な寝過ごしの全パターンやったかも。(瀑)中央線快速で長野県松本市の翌朝到着とか、東海道線快速では静岡県浜松市に、山手線は大崎車庫に監禁。(瀑)まだあるけど、内緒。どういう訳か、トイレに行きたくなって起きないのよねぇ。だいたい、残業毎日夜9時ぐらいまでして、飲みに行ってた。(笑)

  3. さとりん on 2010年10月21日 at 10:12 PM

    ありゃ・・危機一髪でしたね!!
    座ると居眠りしてしまうよね〜〜〜〜〜 私、先日韓国映画(TUNAMI)が見たくて行ったのに
    始まって速攻爆睡モード突入で、起きたらラストシーンでした(涙)
    最初と最後しか観てなくて、まったく内容がわかりませんでした(・・)

    電車や車のあの心地よい揺れ・・・寝てはいけないとわかっていても気持ちよすぎで
    寝てしまうよね。

    お疲れ様でした!!

  4. toyokosan on 2010年10月22日 at 12:55 AM

    むにゅパパさん、ありがとうございます。

    今度は時刻表のコピーを持って出かけようかなと思っています。
    時間を見ながら、今どこの駅か確認できるようにしておかないと
    また大変なことになりそうです(−−)

  5. toyokosan on 2010年10月22日 at 1:15 AM

    いたこさん、ありがとうございました。

    乗り過ごしの全パターン達成、おめでとうございます(?) 長野に静岡に・・・いろんなパターンがありますねえ。東京は電車網が発達しているから、乗り過ごしもいろんなパターンがあることでしょう。

    私も昔は、数駅程度、乗り過ごしてしまった経験が何度かあります。私はお酒を飲めないから飲んで乗り過ごすということはありませんが、昔はボ〜っとしていて降りるのを忘れたりしていました。

    これが大阪なら何とかなるけれど、地方の特急だと1つの駅の乗り過ごしをすると命?に関わります。今はとにかく傾眠傾向が強いから、眠ってしまって乗り過ごしのパターンが増えました。あ〜、こんな自分がイヤになるわ^^

  6. toyokosan on 2010年10月22日 at 1:21 AM

    さとりん、ありがとうございます。

    座らないとしんどいし、座ったら眠ってしまうし・・・。お互い辛いですねえ。せっかく映画見に行ったのに、もったいなかったですね。映画を見に行くって、私にとっては眠りに行くのと同じだわ^^ ウチでTV見ているだけでも眠ってしまうし。。

    電車やバスって、揺れが眠りを誘うだけでなく、揺れが車酔いを誘うので眠らないと気分が悪くなってしまいます。地方の仕事は楽しいのですが、移動は恐ろしいです(−−) 何とか目的地に着く前に目が覚める方法がないものかなあ。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)