今日は講習会の仕事でした。同じ会場にある隣の大教室でも講習会が行われており、そこではプレゼンテーション大会が行われていました。プレゼン大会を進行しておられるのは、女性に大人気の、おしゃれでベテラン、かつメジャーな女性コンサルタントの方です。なので、あちらの会場は大盛況。発表者、聴講者、主催者兼審査員を入れて70名ほどの参加らしい。お陰で(?)、不人気・ユニクロ・マイナー講師である私が担当の講座は大不況(^^) 10名ほどの参加でした。とはいえ、少人数の講座の方が私自身は好きだし、うれしいし、ありがたいんだけれど。

 私が帰る時、隣のプレゼン大会が終了しました。同時にトイレに行くために会場から出てこられた女性に、「こんなとこで会うなんて」と声をかけられました。私:「お隣も終了ですか」 女性:「めっちゃ緊張しましたよ〜」 私:「お疲れさまでした。ゆっくりしてくださいね」と声をかけました。で、あなたはどなたですか??? とりあえず会話は成立したんだけど。。。

 昔から人の顔や名前を覚えるのが苦手な私。私が顔や名前を覚えられる方って、その方に対して私なりに何らかのインスピレーションを感じた場合が多い(あとは繰り返し何度かお会いした場合=学習した場合かな)。最近は身体が動きにくくなったため、そういう傾向が余計に強くなってきた。講座などを通して多くの方と出会う機会はあるのですが、すべての方々を覚えておりません(–) 申し訳ございません。
 

2 Comments

  1. さとりん on 2008年12月7日 at 5:52 PM

    講師の仕事お疲れさま〜!
    わたしもとよさんの講義聴きたいな(^^)

    あるよ〜〜〜私も頭が物覚えを拒否するので(><)
    話しかけられても、誰かわからないまま・・・・頭の中は「??誰??」で一杯
    またね!と早々に話を終わらせて、帰り道・・・そのことで頭が一杯。
    誰や〜〜?と気になるものの・・・わかりまへ〜ん。。。。。
    もしかして人違いなのかも?と自分に言い聞かせる技を覚えました(笑)

  2. toyokosan on 2008年12月8日 at 12:14 AM

    さとりん、ありがとうです。

    >わたしもとよさんの講義聴きたいな(^^)
    昨日は会計の原理原則の講座でした〜。
    さとりんに講師してもらう方がいいなあ。

    >頭が物覚えを拒否する
    そーそー、そうなのよねー。覚えるのもエネルギーいるしねえ。
    人違いと自分に言い聞かせる技もいいねえ。

    話しかけられて分からない人のことを、
    あの人は「誰か」さんという名前だったなあ、と
    私は思うことにしてますです。

    会議の時などに、自分のメモ用に座席表作ったら、
    「誰か」って書いてある席が多い(^^)
    それで後で困ったりすることもあるんだけど(–)

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)