ウチのダンナは、園芸・造園・ガーデニング関係の仕事をしています(花屋ではありません)。といっても私と同じく、基本的には1人で細々と仕事をしています。仕事の関係上、どうしても温室が必要となります。しかし、現在賃借している温室を、貸主さんの事情により出ていかないといけなくなりました。そのため人づてにいろいろと賃貸可能な温室の情報を聞いてまわり、先月半ば頃にようやく賃貸可能な温室が見つかり、先月末に契約してきました。温室って農家さんへ行けばいっぱいあるのに、と思われるかもしれません。けれど、農業用と園芸用では温室の高さが異なるので、農業用のものはお借りできないのです。あと農地法の関係(制約)で、農地は簡単には賃借できないのです。

 今月に入ってからダンナは既に少しずつ植木などを運んでいます(私は役立たずだからノータッチです)。私はようやく今日になって、この温室を見に行くことができました。いい温室です。温室内で生産されている植物の育ちの良さ、手入れの良さ、整理整頓の良さなどを見ると、生産者のレベルが高いことが良く分かりました(私も園芸関係の仕事をしていましたので少しは分かります)。生産者のレベルが高いと温室のレベルも高いので、いいところを間借りできたなあ、それもほんの小スペースだけなのに良く貸してくださったなあ、と感謝いたしております。温かく湿り気のある室内ですので、まだカエルさんが元気に遊んで?おりました。

 その後、羽毛布団を買いに出かけました。冬布団が重くて被れなくなってきたので、ここのところ毛布にくるまって眠っていました(さぶい–)。先日、リハDrの診察時に冬布団が重いとぼやいたところ、羽毛がいいね〜とのことでした。と言っても、どこぞの高級羽毛布団は買えません。なので、「お、値段以上」がキャッチコピーのお店へ出かけ、そのお店に置いてあった羽毛布団を買ってみました。軽いかな? 暖かいかな? 毛布はいらないかな? 本当に「お、値段以上」かどうか、今晩試してみます。ほんとに「お、値段以上」でないと困るよ。私のQOL向上のため、いろいろとお金がかかってるんだから。
 

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)