確定申告、ようやくオワタ。

 今週火曜日は終日お出かけ。午前中にお仕事させていただき、午後は電車バスを乗り継いで、アレルギー内科のある病院へ。帰りも電車バスで帰り、とよダンナに途中で拾ってもらって買物に出かけたけれど、もうクタクタ。水曜日の朝から確定申告するぞーと思いながら、最近は終日外出した日の翌日は、起き上がることが出来ない状態になり、起き上がったとしてもPCつけていてもそのまま眠っている状態です。そのため水曜日は夜の整骨院さんの治療が終わるまで、胃ろうからカロリー入れたりしつつ、夜中にがんばる体制をとりました。

 夜11時ごろから、スタート。既に4分の1は仕上げていたので、残り4分の3です。2年前から複式簿記を辞めました。65万円の控除をしてもらったら、とよ家の2人は共に、決算書が赤字になりますので・・・。なので損益だけ作り、10万円だけ控除してもらい、何とか黒字になりました。といっても、これで生活できるわけないやん、ということが丸分かりの決算書です。私は昨年に買った書籍代を経費から抜きました。なんせ売上が、一昨年でフリーター並に、今年は生活保護並みに落ち込んでおりますので、仕方ありません。とよダンナはがんばって売上を上げてくれたけれど、ガソリン代の高騰(どこかの党のマニフェストはどこ行った?!)、仕入商品の値上げが圧迫し、こちらも10万円だけの控除にしました。

 朝11時30分頃、申告書に印鑑を押しているところに、訪問リハビリの方がおいでくださいました。救世主に見えました。申告書の提出はとよダンナに任せて(ウチは駅より近いところに税務署がある^^)、リハビリを受けました。金曜日は整骨院で治療を受けました。ずっと車椅子に座って作業をしていたので、「形状記憶」腰&膝になっておりました(–) 整骨院の院長が、何か身体の形が固まってますね〜と仰っておられました^^

 病気を患い障害者となった今、一番残念なことは、ある団体からの講習会の講師依頼がなくなったことです。社会的弱者を救うというのが1つの大義名分の団体だけれど、講師は社会的弱者であってはいけないんですね。。

 先日、その団体の方が、介護保険の事業を始めたい方の相談に乗っておられたのを片耳で聞きながら、あー介護保険改定前の情報で話してるー、などと言った感想を持ちました。介護保険、まあ酷い改正ですわ。単価が上がったのは、介護保険による訪問看護の単価くらいでしょう。私の今の時給よりも高いもんなあ〜。今から看護師を目指そうかな?! 訪問介護は改定が酷すぎて、ケアマネさんはケアプランを組むのに大変なことになるでしょう。

 厚労省は、どんな母集団を抜き取り、どんな調査をした結果、現状を分析したんでしょうね。あ、分析なんかしないか。行政の仕事は、先に課題と課題解決ありきで、その証拠としてアンケートをしたりして(アリバイづくり)、都合よく仕上げるもんね。診断士の学校で一時期、中小企業政策などの講座を受け持っていましたが、白書には「前読み」と「後読み」があるけれど、「後読み」がオススメと私は話していました。そうすれば、課題と課題解決法ありきの現状が良く分かるからね。要は、官僚がやりたいことが先にあって、課題を作り、課題解決策とそのアリバイを作るということです。だから、国に使われるのは(末端の専門家派遣はOKとしても)私は真っ平御免です。

 金曜日は、ケアマネのありさんと話をし、ヘルパーさんの導入は、4月以降に考えることにしました。その前に、クソの役にも立たない担当の保健師を変えてもらうべく(名義だけでOK。保健所には何の期待もしていないから)、府に保健師の仕組みと担当替えについて聞いてみます。また、不正請求を行っている訪問看護ステーションについて、保健師は全くコンプライアンスを持っていないので、そのあたりも府に聞いてみようと思っています。

 そして、金曜日の夜は最後のマンションの理事会でした。後は4月の総会で終了。修繕積立金を引き上げるための悪者となった私なので、既にモンスター・居住者から苦情を頂いているように、総会当日も何かまた、モンスター居住者が言い出しそうです。総会の場ですから、シャットアウトしますけれど(そのために理事会報告書や、修繕積立金値上げの必要性とその金額の勉強会まで開いたんだから)。

 iPad2を年末に買って以来、怪我や事故などの連続で設定する間もなく、New iPadが発売されてしまいました。でも50g重くなっているそうだから、iPad2でよかったわ。今の私に取っては、50gでさえ重く感じますから・・・。

 久しぶりのブログ更新のため、脈略のない文章で失礼しました(いつものことか^^)。今日は雨。早速、気管支が疼いています。喘息が始まると、横隔膜が痙攣して痛み始めるので、最近はステロイドで対処しています。まー、危険な薬ばっかり飲んでるわ^^
 

4 thoughts on “確定申告、ようやくオワタ。

  1. しん 返信する

    確定申告、間に合ってよかったですね。あとは総会がすめば、一段落ですね。ひとまず、お疲れ様です。

  2. ぐりぐりももんが 返信する

    コメント返しでの適切なアドバイスを有難うございました。
    それで、こちらは、日曜日、ジェトロのアドバイザーをされておられる方で、シンガポールの永住権をお持ちの日本人の方とお会いしました。
    お話を聞いていると、海外で活躍されたビジネスマンには色々な人生があるものだと、改めて強い印象を受けました。
    まあ、日本に帰ってリセットしてから思案してみます。
    とよこさんもお体が大変でしょうが、サクラももうすぐ咲きますし、季節が華やいでくれば、お気持ちも和むのではないでしょうか。
    ブログを楽しみさせていただきます。

  3. toyokosan 返信する

    しんさん、コメントありがとうございます。

    毎年、申告書を出すのはギリギリですが、今年はその作業を始めるのさえギリギリになってからでした。体力の低下をつくづく感じました。
    4月7日のマンション総会が終われば、お役御免です。また5年後に役員が回ってきますが、しぶとく生きているとは思うのですが(早く死にたいんだけれど)、その時はもう理事長は引き受けられないでしょう。

    しんさんは個人が終わり、これからは法人の方でお仕事が忙しくなりますね。ライブも無事に終わり、盛況だったようで私もうれしいです。5月末くらいまで音楽はちょっとお休み状態になりそうでしょうか。でも春くんの教育を兼ねて、音楽を聞かせてあげてくださいね^^ 偏っていない人なんていませんから、春くんがいろんな人から学んで成長していって欲しいです。

    来年度は何かしたいですねー。また作戦練り練りします。

  4. toyokosan 返信する

    ぐりりん社長、こちらこそご丁寧なお返事をありがとうございました。

    早速、JETROの方とお会いになられたのですね。私の狭い世界を見る目では分からない、いろんな生き方をされておられる方がいらっしゃっるようで、ぐりりん社長の情報も選択肢も増えてよかったです。
    時間はまだたっぷりあります。いつ、どのような機会がやってくるか分かりません。ぐりりん社長という人物がいるということを、いろんな方に知ってもらいたいと思っています。

    ブログにあったインボイスを見て、とても懐かしく感じました。私自身がインボイスを書くのではなく、某行政団体で働いていた時(どこか直ぐ分かってしまいますね^^)、インボイスに原産地証明をする仕事をしていました。あの時に押す、何印というんだか忘れましたが、あの印を押す道具が重くて、いつも床においてインボイスに印を押していました。お客様の大切なインボイスを床に置くなんて失礼と思いながらも、全身の力で押さないと、キレイな印になりませんでした。

    もう直ぐ桜ですね。奥様のご両親も来日されるとのこと。お身体に気をつけて、日本の桜をぜひ見ていただきたいです。

    年度末の仕事もボチボチ目途がつき始めたので、ブログの更新ももう少し多くしていきたいと思っております。病気ネタが多いのが自分でもイヤなのですが、仕事ネタは機密事項があるのでなかなか書けなくて残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。