アンダーの問題をアンダーからみて解決していくことは重要と思うが、アンダーを支える層がアンダーに陥ることがあることも知っていただきたく思う。

昨日、このニュースについて、地域間格差の問題があると述べた。筆者は今日は経済間格差でこのニュースを再度解説している。
このニュースが読めるのがミドルクラスが中心と定義しておられるが、ウチはアンダークラスを抱えるためアンダーに落ち込んでいる層である。
アンダーの問題をアンダーからみて解決していくことは重要と思うが、アンダーを支える層がアンダーに陥ることがあることも知っていただきたく思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨夜書いたYahoo記事が堂々の1位(6/28現在)。一気の80万アクセスは過去最高の「発達障がいとニュータイプ」以来。「おかあさん、90才まで生きましょう〜思春期は40才で終わる」
今回の記事は批判も多いのだろうが、ここ最近の渾身の児童虐待ネタをあっさり抜いて久々の数十万アクセスに行ったという事実自体が(虐待ネタは5,000アクセス程度)、ネット+ニュース記事読者はミドルクラス中心だろうということ。
日本のいくつもある問題中、ひきこもりや若者の社会参加は実はワンオブゼムの問題になったにも関わらず(貧困問題が現れる前のゼロ年代はメインだった)、ネットリテラシーのある中流層の関心領域の一つがやはり「ひきこもり」のため、こうして一夜にして80万アクセス行ってしまう。
これからは経済階層ごとにターゲットを定め、ミドルクラス関心領域のひきこもりは押さえつつ、アンダークラスの問題である貧困/虐待/家族構成/親の自立等を啓発する必要がある。ただ、ミドルは自分の問題であるひきこもりを読むが、アンダーは自分の問題である虐待他から目を背ける。アンダーは全体の4割存在するにも関わらず。
そして貧困層で重要問題が潜在化する。この顕在化にはかなりの工夫が必要だが、僕もまだ模索中だ。★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。