この事件が、立件されることを望みます。

この病院(東大阪生協病院:医療生協かわち野生活協同組合)と系列のクリニックに通っていました。弁護士9人を立てることなんて、医療生協(といういうより民医連と呼ぶ方がいいのかもしれませんが:医療生協がすべて共産党系とは限りませんので)にとっては容易いことであると思っています。
私はこのクリニックのリハビリで怪我を負い、医療訴訟を起こそうとしましたが、訴状を引き受けてくれるドクターに出会えず、泣く泣く諦めました。弁護士さんも見つかりませんでした。
この病院での生活保護不正受給は、患者としてこの病院の管理体制を見ていて気がつきましたので、今回の事件には全く驚きませんでした。毎年赤字経営であることも聞いていましたし、何をするにも出資金を募る体制からして、現金がないんだろうなとも感じていました。
この事件が、立件されることを望みます。

共産党を劣勢に追い込み、結果的に安保法制を守る秘策がある。 そう言ったら貴方は笑うだろうか。 それとも赤旗の件で実際に追い込んで見せた私ゆえ、何かやるかな、と興味を持つだろ
SAMURAI20.JP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。