リベラルな保守主義に至る経過が分かります。

岩田 温先生より。リベラルな保守主義に至る経過が分かります。
ーーー
哲学の起源。
それは慣習や常識に対して、何故?と問い掛けるところから始まる。
老人を敬いなさい。
←何故?
国家を愛しなさい。
←何故?
人間には基本的人権がある。
←何故?
こう考えてみると哲学はその起源において保守的ではあり得ない。保守的な態度を疑うところから哲学は始まる。
人は思考を深めるにつれて態度が変化する。
何も考えない人は、慣習を疑うことを知らないので保守的だ。
少し考える人は、常識に異を挟もうとするから革新的だ。
よく考える人は、人間の思考力の限界に気づくから、慣習のよさを認めつつ、個人の自由を尊重するリベラルな保守主義に至る。
平和な日本で色々考えられる幸福。
北朝鮮では粛清が続いている。
中東は戦乱状態だ。
ヨーロッパはテロに怯えている。
日本に生まれたという幸せを実感している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。