私の病気(筋痛性脳脊髄炎:慢性疲労症候群)との仲間である線維筋痛症の客観的診断方法が、一歩進みました。

私の病気(筋痛性脳脊髄炎:慢性疲労症候群)との仲間である線維筋痛症の客観的診断方法が、一歩進みました。特定疾患入りに向けて、更に研究が進んで欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。