義次兄の介護保険認定調査が終わりました。義長兄にも受けてもらうことになりました。

月曜日に義次兄の介護保険認定調査が終わりました。私は時間を勘違いしてしまい、参加できませんでした。でもその方が、気持ちがすっとしています。これからも私はクチで交渉と指示を行い、2人に任せられることは任していきたいと思います。

そして、義長兄にも認定調査を受けることを勧めました。何で受けないといけないか意味が分からないと申しておりました。意味は分からなくていい、だんだん介護保険というものがどれだけサービスが狭くて使いにくいものか分かってくるので、とりあえず認定調査だけは受けて、と私は申しました。

義長兄は低血圧で身体がフラフラすることがあり、義次兄の障害者デイサービスの日と自分のしんどい日が重なったら、送迎バスまでの送り迎えが出来ないので、義次兄を休ませているとのこと。そんなことしたら生活リズムが身に付きません。せめてその部分だけでも、ヘルパーさんに担ってもらえるほどの介護度になればいいのですが・・・。

介護保険は本当に難しく、使い勝手が良くないですが、うまくつきあっていくしかありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。